「座り過ぎ」は怖~い病気の元。 NHK ウェッブ ニュ―ス

スポンサーリンク

「座り過ぎ」は怖~い病気の元。貧乏ゆすりでもいいから身体を動かして!

 

座る.PNG

 

病院に行く程じゃない
この“何となく”を経験している人
以外に多いかもね。
本当に怖い「座り過ぎ」が与えるダメージ
「座り過ぎは喫煙並みに体に悪い」
このセリフを聞いた時には
ほぼ一日中座っているショッピンも背筋が寒くなったのね。
そうは言っても
座り過ぎってどの位なのか。

事務所で働く女性など
座り姿勢は必須だよね。

では何故、座り過ぎが危険なの?

「座り続ける姿勢では
筋肉が動かないので
脂肪を燃焼する量が減り
血液循環も悪化。
心臓病に成り易い」
更に
「血液がドロドロになり血管が詰まり易く、破れ易くなる」と言うから恐ろしいよね。

 

ドロドロ血液.PNG

自分の身を守るためにする事は
「30分に1回は立って動く」
「通勤は立ち筋トレ」
「貧乏ゆすりでしのぐ」の3つなのね。

 

立ち筋トレ.PNG
通勤時の車内では立筋トレ―ニング

 

「貧乏ゆすりでしのぐ」と言うのは
どうしても立てない場合の秘策だが
この貧乏ゆすりを侮(あなど)るなかれ。

 

「足の血液を心臓に戻す役割を持つ脹脛(ふくらはぎ)を
小刻みに動かす事で
血行が良くなり体温が上昇し
むくみ解消やエコノミークラス症候群の予防になる」と
言われているのね。

デスクの下でこっそり貧乏ゆすり……でなくても
足をゆらゆら動かす。これ、オススメよね。

 

貧乏ゆすり.PNG

 

ホルモンが人生を左右する!?
30代~40代になって
「ホルモン」という単語に敏感になった人は多いでしょ。
女性誌などの影響で
ホルモンが減少すると老化する……と言ったイメージが
根強いのかもしれないけれど
ホルモンと一口に言っても種類は様々あり
髪の毛

筋肉
骨から内蔵
血管
性能力
まで
老化するもしないもホルモン次第」と

然し
「運動や規則正しい生活でホルモンを増やす事も可能」
さて、その秘訣とは。

スポンサーリンク

 

100種類以上もあるホルモンの中で
特に女性が良く耳にして気になるのは
「エストロゲン(女性ホルモン)」と
「オキシトシン(愛情ホルモン)」ではないか。
エストロゲンが不足すると
肌にハリがなくなる。
太りやすくなる。
自律神経が乱れる。
冷え症になる。
と言った症状は医学的にも認められているが、
男性より生活習慣病に掛り難いのもエストロゲンのおかげ」
と言うのは余り知られていないかもしれない。

バランスの良い食事
適度な運動
時にはリラックスタイムも取り入れる
と言う風に健やかな生活を心がけるのが
エストロゲンを増やす秘訣ね。

 

心身の揺らぎを過度に意識するとかえって疲れるので
温めた豆乳オレ等を飲みつつ
ゆったりして
大豆に含まれるイソフラボンは
エストロゲンと同様の作用があるから
食事に一品加えたらどう。
オキシトシンに有効なのは
何と言ってもスキンシップだそう
然し
ここで勘違いしてはいけないのが
スキンシップ=必ずしもセックスではないと言う事」
「セックスしないとホルモン分泌が止まる」と言った説は眉唾なので注意。

 

例えば
握手やハグ
背中をさする等
気軽なもので大丈夫。

相手は男性でなくとも
お子様や赤ちゃん、ペットでも効果は望めるのだとか。

「愛おしい」と思う気持ちが
文字通り愛情ホルモンを分泌させるのね。

最後に
日常で簡単にできる気持ちの鎮(しず)め方やリラックス方法を紹介するわね。

仕事が終わり
心身ともに疲れを感じている時
是非やって欲しいのが
「?燭(ろうそく)の火を眺める」事だそうで
微妙に揺れ続ける?燭の火が
「これは『1/fゆらぎ』と呼ばれ
自然界にある形、音、感触に多く存在する一定の様で不規則なゆらぎ」。

 

これを見たり聞いたりすると、人は心地よさを感じるのだそう。
特にアロマキャンドルは香りも一緒に楽しめるので
一石二鳥。

 

キャンドル.PNG

ショッピンは
夜アロマキャンドルを眺めていたら
無性に眠くなって熟睡出来たという経験があり
余計な考え事が疲労と共にスーッと抜けていき
自然と入眠出来たのかも。

上質な睡眠は、細胞にも良いはず!
くれぐれも、火の扱いには注意してね。

 

猫挨拶.png

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です