血管の老化と減少が冷え性の原因ってホントに!?

スポンサーリンク
冷え性の原因は毛細血管の老化と減少ってホントに!?

 

冷え性体質.jpg
冷え性は
なった人でないとその辛さは分らないのよね。
ショッピンも冷え性で特に足先は素足だと冷たくて
それが嫌で夏でもウールの靴下履いていたのね。

 

今は夏も真っ盛りだけど
最早「冷え」は冬とは無関係で
一年中の悩みの種よね。

 

夏であってもお腹や肩まわりを中心に
冷えを感じる人が続出中で
しかも夏の冷えは
肥満を伴う「冷え太り」になる恐れが大ね。

 

ついでに冷え性チェックの
自分で覚えのある項目に?をして見てごらん。
■夏はほとんどシャワーで済ませる
■ダイエットの為、肉類はなるべく食べない様にしている
■ストレスが溜まり易い性格だ
■時々食事をパスする
■ボディーラインの出る服をよく着る
■夏場、お腹が痛くなる事が良くある
■肩がよく凝る
■夏の日は終日クーラーの効いた部屋で過ごす
■1種類の食材しか食べない極端なダイエットをした事がある
■夏、冷たい飲み物、アイスクリームやカキ氷をよく食べる
■夏はノースリーブなど薄着で過ごすのがモットー
■コレといった運動はしていない
■「ノンカロリー」「低カロリー」を意識して商品を買う
■平熱が36度以下
■寝る前に水分を良く摂る
■眠れない事が良くある
■猫背だ
■喫煙者だ
■朝昼はパンやパスタで済ます事が多い
冷え太り.jpg
冷え症で多くの人が悩んでいる様だけど
実は
冷え症の10人に1人が危険な状態にあるそうなのね。
冷え症だと血管が硬くなって老化が進み
血圧に異常が起きる事があるのね。

 

それは
体内血管の99%を占める毛細血管の血の巡りが悪いのね。
血の巡りが悪いと体の隅々まで届けられる
酸素と栄養素が不足する事になり
その為にショッピンの場合だと
足先に酸素と栄養不足が起きて冷える元になってたのね。

 

皮膚に酸素や栄養が届かなければ
シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になるし

肝臓や肺など、臓器の毛細血管が減れば
様々な機能低下や病気が起こる可能性大だし
加齢と共にお酒が弱くなったりするのは
毛細血管の減少が要因のひとつなのね

 

冷え症の原因=血管の老化!? .
冷え症の原因は手先や足先の血液の循環が良くない事が
原因のひとつなのね。

 

どうやら
その血液の循環の悪さが血管を老化(硬く)させてしまっている様なの
つまり
冷え症は「体が冷えてつらい」だけでなく
体を老化させる原因にもなっている可能性が高いと言う事なのね。

 

血管硬化.jpg

 

10人に1人!?
脳梗塞を引き起こす“危険な冷え症” .その“危険”とは、血圧異常で
健康診断では
「血圧に問題なかった」という冷え症の中に
血圧変動が激しい人がいて
実際に冷え症の女性を調べた処
凡そ10人に1人の割合で激しい血圧変動が
起こっている事が判明したの。

スポンサーリンク

 

こうした血圧変動の原因は
血管が硬くなっている事と
自律神経の乱れも起因してるのね。

 

高血圧.jpg
更に
こうした血圧変動は脳の血管に迄影響し
脳梗塞を引き起こすリスクが高くなるのよ。

 

これを改善する方法として
普通に血圧を測ったあと
一旦立って再度座り直して
もう一度測るという測定法で
この2回の測定値(上の値:収縮期血圧)の差が15以上であれば
“危険な冷え症”である可能性が高いんだそうね.

 

何度も測定しても差が15以上の場合は
血圧の専門医(循環器内科など)の検診を
受けるべきでしょうね。

 

では
ショッピン流
血管ケアで
毛細血管の血流をアップして
冷え性改善に効果的な
簡単で有効なエキササイズをおススメするわね。

 

畳半畳のスペースで
何時でも何処でも出来るのが特徴ヨ。

 

■太ももの血管ケアリング
正座.jpg

 

正座の姿勢から両手を前につき、お尻を上げる
膝を起点に太ももと下肢が直角になるので
息を吐きながら片方の足を後ろに伸ばして
爪先を上に突き上げる様真直ぐに伸ばす
伸ばした足を空中で12秒間停止させて
息を吸いながら太ももを元に戻す。
顔は正面を向いて、太ももの付け根をストレッチする感じで行う。

 

■“血流促進”が毛細血管ケアの鼎(かなめ)

毛細血管の減少や劣化を防ぎなんとか復活させたい!

それには『血流UP』を測る事が一番実効的なのね。

 

実は毛細血管は
加齢に従い細胞同志の「接着」が甘くなってしまい
血液が途中で漏れ出して
これが毛細血管の劣化を引き起こすのね。

 

しかし
普段から十分な血流があると
細胞がお互いにがっちりとくっつきあって
血液の漏れを防ぎ
健康な毛細血管を生み出してくれるのね。

 

んで
この血流UP方法として
ショッピンおすすめが
『その場スキップ』

 

これは
第2の心臓と言われる『ふくらはぎ』のポンプ機能を
スキップする事で強化し
足の下方から血液を上に戻す力を高める効果が期待出来るのよ。

 

この方法も
何時でも何処でも畳半畳のスペースがあれば出来るのが特徴ね。

 

以前の
ブログでも書いたけど
両手両足を使って「足踏み」運動は分かるよね。

 

スキップ合成.jpg
                                                           足踏み運動
両手は出来るだけまっすぐ伸ばして大きく振る
太ももは膝をおへその位置まで上げる。
この足踏みだけでも血流アップは可能だけれども
更に拍車をかけてスキップを入れるのね。
膝を上に高く上げながら
地に付いている片足でぴよんとスキップするのね。

 

要は子供が楽しい時にスキップ歩行してるのと同じ感じね。
このスキップ運動はチョットきついので
左右12回スキップしたら休憩してね。

 

三セット位でも
十分に体が熱くなり
血流がUPしたのが分る筈。

 

全動作をリズミカルに行いながら
スキップ飛びで脹脛(ふくらはぎ)の
毛細血管の血流アップを促進させて
結果の老化と血液の若返りを促進させましょうよ。

 

防止弁下肢の逆流.PNG

 

下肢のむくみとこむら返しの難病を
自分で完治した経験を以下のブログに書いているので
興味のある人は見て見てね。
  ↓  ↓  ↓  ↓

 

いざ
タメシテガッテン

猫挨拶.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です