ストレスが原因で白髪になる因果関係なしってホントに??

スポンサーリンク

白髪とストレスに因果関係なしってホントに??

 

白髪三千丈.PNG

yahooニュースで以下の様な記事を目にしたのね。
↓  ↓  ↓  ↓
人生不思議 白髪とストレスに因果関係なし!
白髪の急増は怖い病気の可能性大
週刊実話

 

一般的に
白髪が多い人ほど苦労しているといわれる。
これはストレスによって人の白髪が増えるという考えが
世の中に浸透しているためだ。
しかし
これは真っ赤な嘘である。

理由は単純明快で
白髪とストレスには因果関係がないからだ。

 

毛髪や肌を色づかせる物質はメラニン色素だが
白髪はそれを生み出すメラサイトが減少することによって起きる。
ストレスとは何の関係もないのだ。

仮に極端に白髪が増えてきた場合
ストレスではなく甲状腺の異常や
臓器の機能障害などが起きている可能性がある。

 

のんきに苦労自慢などをしている場合ではないので
一刻も早く病院に行く事をオススメする。
以上
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

果たしてそうなのかしらね?

 

自分の
生来の漆黒の髪色が自慢の人も
染色して栗色の髪を愉しむ人も
日本人に多い黒髪は特に
染色していない方がに艶に張りが有るのね。

 

それだけに
髪の艶やしなやかな美しさに気を付けている人は
相当いるんじゃない。

 

この生来の健康な髪の毛の
艶やかな色合いはどこから来るの?

 

毛根の最深部の毛母細胞にあるメラノサイトにある
アミノ酸がチロシナーゼと言う酵素によってメラニン色素に変化して
これが髪の色素になって髪色を付ける。

 

メラノサイト.PNG

 

なので
メラノサイトの機能が加齢等によって低下して
チシロナーゼが減少すると
メラミン色素を作る事が出来なくなり
髪は白くなっていく。

 

このメラノソームが皮膚の細胞に行くと日焼けやシミに
髪の毛に届くと黒髪の色を出す元になるのね。
加齢に従って出る白髪は
じゃ、どうして増えていくのよね。

 

これについてはまだ研究段階で
不解明なので現時点では
メラノサイトから細胞へメラミン色素を輸送する
役割のタンパク質が機能しなくなってしまうという事位で
洗髪する事で毛髪からメラニン色素が流出してしまい
髪の色がくすんで色が薄くなってしまう事位しか
分っていないみたいね。

 

つまり
髪色の素が生成されているはずなのに
上手く髪にまで配達されない事や
元からある髪色が抜けて行ってしまう事
更に
それらが1毛根だけでなく周りに徐々に浸透する事で
白髪が増えて行くのね。
加齢に伴いそのまま髪を放置しておくと
殆どの人が白髪になってしまう事実から
少なくとも老化による影響は
大きな要因となっているのは事実ね。

 

では
心的ストレスの場合は
自分で意識出来ているのなら
ストレス発散をしたり
休息を取ったり
気分転換したり
して解消する事も出来るでしょ。

 

しかし
根が遠慮深かったり
他人には気を配る様な優しい性格だと
知らず知らずの内に
他人の犠牲になってしまう為に
自分が「こんなの我慢できない」
と言う気持ちに気付くのが
どんどん遅くなる場合が多いのね。

 

若いのに白髪が出ている理由一つに
この心的ストレスが原因となっているのではないかと言う
考えも有るのは事実よね。

 

スポンサーリンク
よく言われる
心的ストレスが大きく関係して来る症状に
「自律神経失調症」があるでしょ。

 

健康状態では
注意力を働かせて緊張状態を作くり
問題解決出来る様に促す「交感神経」と
心身共にリラックスして
緊張による疲労を癒やし
翌日のエネルギーを生み出す様促す「副交感神経」が
交代しながら機能している事は
過去のストレス解消の記事でも書いたのね。

 

自律神経失調症では
心的ストレスによる緊張状態が続けば
交感神経の働きばかりが過剰になってしまい
例えば
頭痛(血流の乱れや血管の拡張・収縮により生じる)
つらい肩こり
めまい
不眠
気分障害
と言った症状が起き易くなり
身体を休める働きが上手く出来なくなり
自律神経失調症に陥るのね。
心的ストレスにより
自律神経失調症やそれに似た状態になれば
活性酸素による酸化の修復が追いつかない
「酸化ストレス」状態に陥り
自律神経失調症.PNG

 

元来
生命維持に不可欠でもない要素である毛髪細胞への栄養補給は
後回しにされて
心理的ストレス状態下では白髪が生じ易いのも否定出来ないのよ。

 


トレスだけじゃない!
乱れた生活習慣も白髪の原因となるのよね。

 

加えて
自律神経を乱す最大の要素として
近年特に問題となっているのが
ブルーライトね。

合成青色.jpg

紫外線に近い波長の光であるブルーライトは
寝付きを悪くし
睡眠の質を悪くし
安眠を妨げ
睡眠不足
に陥る悪作用があるのね。

 

ショッピンも
就寝直前迄パソコンで映画見たり
ブログ記事書きしてた結果
夜中に目が覚めて
あと眠りに戻れず
右に左に寝返りを繰り返す事がしょっちゅう有ったのね。

 

また
就寝時にベッドや布団の中で
スマートフォンなどの情報端末の画面を
間近に見ながら操作する事は
副交感神経への切り替えが上手くいかず
十分な休息を取れない原因になってしまうのよ。

 

ベッドスマホ.PNG
更に
普段の新陳代謝や活性酸素による細胞の損傷の修復を促すホルモンの分泌が
妨害される問題も発生するのね。

 

この「成長ホルモン」は
寝入ってから3時間以内の深い眠りの状態である「ノンレム睡眠」時に
最大量が分泌されるものなので
就寝時刻に近い時間帯でブルーライトに目を晒すのは
絶対に避けるべきなのね。

 

今は未だ若い等と楽観していたら
活性酸素の抑制機能も十分に機能せず
老化は深く潜行しながら進んでいるのよ。

 

毛髪細胞それ自体や
黒髪の色を作るメラノサイトを若々しく保ち
黒髪を維持するためには
現在ストレスがなくても
なるべく活動と休息のリズムを乱さないで生活を維持して
頭も良くマッサージをして
頭皮の血行を促し
髪の成長の為に
十分な睡眠を取る
ストレスを貯めない
栄養バランスのとれた食事を心掛ける
紫外線対策をする
等を日常生活で心掛ける事がとても大切なのね。

 

白髪を見つけても抜いたりせず
染めるか
根元のあたりで切る
等の対策をこまめに取る事が
末長く若い体を維持できるアンチエイジング方よね。
猫挨拶.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です