子宮内のプラセンタ(胎盤)が健康増進のみならず美容効果も凄い!ってホントに??

スポンサーリンク

妊婦の子宮内プラセンタ(胎盤)が胎児の育成のみならず美容効果も凄い!?

なぜ、動物はプラセンタを食べるの?

 

人間を除く全ての哺乳類は出産すると
本能的に自分の胎盤(プラセンタ)
を食べちゃうのね。

 

人類は
妊婦のお腹にある胎盤から
へその緒を通じて
胎児がおよそ3000g位の大きさに成長するまで
栄養を補給してるのは衆知の事実よね。

 

へその緒.jpg

 

胎盤には自然治癒力を回復させる
優れた機能があると見られていて
出産により消耗した体力を一刻も早く回復させ
ホルモン分泌促進成分を摂る事で
乳腺を刺激して乳汁の分泌を促進させて
子供に授乳を促すと言う本能的なものなのね。

この様な自然界の事実から
胎盤には魔訶不思議な力が宿ると考えられて
古くから医療医薬品として応用されてきたし
プラセンタには「健康」のみならず
「美容」にも大変有効である事が認められているのね。

 

肌を美しくしたり
傷んだ肌を修復したり
体を若々しく保ったりする栄養素や
細胞の分裂・増殖を促進させる成長因子(グロスファクター)
があると認められているのね。

 

成長因子は
神経を成長させたり
肝細胞の再生を促したり
皮膚の増殖に係わる因子をはじめ10数種類以上も含まれ
自然治癒力だけではなく
アンチエイジング(抗老化)にも
有効に作用すると言われているの。

 

母親と胎児をつなぐ器官である胎盤には
「栄養素の宝庫」と言われる位に
実に多くの豊富な栄養素が含まれているため
胎盤は
直径0.1mmの1つの受精卵から
10ヶ月の間に細胞分裂を繰り返して
約60兆もの細胞を持つ
3000gにもなる胎児に成長させるまで必要になる
酸素や栄養を供給するのに不可欠の器官で
他に類を見ない豊富な栄養素が
バランスよく含まれているのよ
↓  ↓  ↓  ↓
プラセンタに含まれる栄養素.PNG
■糖質

即効性が高いエネルギー源で
脳や神経の働きや体の構造を維持する

スポンサーリンク

■脂質
脳や神経等の細胞を作る原料になり
体を動かすための効率的なエネルギー源や体温を維持する

■タンパク質
血液・皮膚・骨・筋肉・臓器など
人間の体を作るために必要な組織を作る

■ビタミン
体のさまざまな機能を正常に整えて
他の栄養素の働きをサポートをして代謝をスムーズにする

■ミネラル
体の機能をサポートして血液を作り
リンパ液・筋肉・神経の働きを調整する

■核酸
細胞を活性化させ遺伝子の修復や再生
新陳代謝などの体の調子を整える

■活性ペプチド
生命維持の為に体の様々な処で
形を変えて必要な機能を発揮する

■ムコ多糖体
細胞周りに体液を海綿体の様に蓄えるので
肌の潤いや細胞と細胞を連結して関節の動きを柔らかくする

■酵素
食物を消化・分解する働きや
呼吸・運動・思考・免疫機能など生命活動を維持する

■アミノ酸
体を作る為に必要なタンパク質の源泉となるもので
プラセンタに含まれるアミノ酸は吸収力がよい

■成長因子
細胞の増殖・分化を促進し、細胞の修復や再生等の
新陳代謝を促すアクセルの様な働きがある

 

以上
哺乳類の生命誕生には
母親の胎盤から必須栄養を受け取る事が
不可欠な条件なんだけど・・・
じゃあ
母が胎児を育てない鳥類はどうなのよ?
これに関して書いた記事が以下のサイト
↓  ↓  ↓  ↓
卵の殻膜でお顔のたるみやシワぼうしになるってホント!?

 

猫挨拶.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です