一家4人殺人・放火の袴田事件 東京高裁、再審請求を却下!?

スポンサーリンク

一家4人殺人・放火の袴田事件 東京高裁、再審請求を却下!?

今日は一日

袴田事件のテレビ報道が炎上していたわね。

1966年に起きた「袴田事件」で死刑が確定し
2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された
袴田巌元被告(82)の即時抗告審で
東京高裁の大島隆明裁判長は11日
静岡地裁の決定の決め手となったDNA型鑑定は
DNA鑑定手法の科学的原理や有用性には
深刻な疑問が存在している。

血痕のDNA型が本人と一致しないという結果は
「種々の疑問があり、信用できない」との決定を示し
静岡地裁決定を取り消し、再審請求を棄却したが
弁護側は東京高裁決定を不服とし
最高裁に特別抗告する可能性が高い。

その上で
静岡地裁とは逆に
犯人の物とされる衣類は袴田さんの物だと考えて
不合理な点は無いという判断を示し
「確定した有罪判決の認定に合理的な疑いが生じていない事は明らかだ」と結論づけた。

 

一方で
静岡地裁が認めた釈放については
「本人の年齢や生活状況
健康状態などに照らすと
再審についての決定が確定する前に取り消すのが相当とは言いがたい」として取り消さなかった。

 

袴田死刑囚.jpg
弁護団は再審を取り消した決定を不服として
最高裁判所に特別抗告する方針を明らかにした。

 

袴田巌さんの再審を認めない決定が出た事を受けて
裁判所の前では袴田さんの支援者達が
「袴田さんは無実だ」
「不当決定に私達は断固抗議する」等と強く訴え
支援者の前で
西嶋勝彦弁護団長は「再審を認めないと言うとんでもない内容で
とても承服できません。
巌さんが再び拘束される事が無い様に
最大の努力をして行きたい。
直ちに特別抗告する」と述べた。

 

袴田巌さんの姉のひで子さんは
「残念でなりません。次に向かって進みます。
皆様のご声援を宜しくお願い致します」と述べた。

 

事件の概要
1966年に逮捕され
死刑が確定していた袴田巌(はかまだいわお)の名から
袴田事件と呼ばれ
事件発生から半世紀近くたっての再審は過去に例がなく
ギネス世界記録にも
袴田氏は「世界で最も長く収監されている死刑囚」
と認定されている(2011年)。

事件が発生したのは1966年6月30日未明。

 

静岡県清水市(現静岡市)にあるみそ製造会社の専務宅で火災が起こり
焼け跡から一家4人の遺体が発見されたのね。
全ての遺体に無数の刺し傷があったため
静岡県警は殺人事件として捜査を開始し
事件発生から2カ月後の8月
同社の従業員で元プロボクサーの袴田氏(当時30歳)が
強盗殺人・放火の容疑で逮捕されたの。

 

当初
袴田氏は犯行を否認していたが
翌9月一転して自白、容疑を認めたのよ。

 

取調室という密閉された空間での
連日平均12時間にわたる過酷な取り調べによって
自白を強要されたとみられているが、果たしてどうか?。

11月に裁判が始まると
袴田氏は一貫して無実を訴えたのよ。

しかし1967年8月
みそ工場のタンクの中から血の付いた5点の衣類が発見され
この血痕が袴田氏や被害者の血液型と一致した事が決め手となり
1968年9月、
第一審の静岡地裁で袴田氏の有罪(死刑)判決が出されたのね。

 

その後
東京高裁は控訴を棄却、
最高裁も上告を棄却したため
1980年に死刑が確定した訳だけれど
1981年
これを不服とした弁護団は第1次再審請求を申し立てたが
静岡地裁は棄却
2008年3月には
最高裁も再審請求(特別抗告)を棄却した。
と言うのが
事件から今日までの概略なのね。

 

私達庶民にはどうも理解に苦しむのが
1980年に死刑が確定したのに関わらず
38年間も被告を刑務所で飼い殺しにしている事よね。

 

無期懲役なら
死ぬまで監獄で暮らせ・・と言う判決なのだから分かるけど
死刑囚にとっては
死刑執行通知がいつ来るのかと
毎日毎日怯えながら
刑務所暮らしを送っている訳でしょ。

 

これって
或る意味
物凄い残酷な事と思わない?

 


2011年8月になって
みそ工場のタンクの中から発見された
5点の衣類の血痕のDNA鑑定が行われた結果
袴田氏のDNAと一致しない事が判明した、との理由で
弁護団は静岡地裁に第2次再審請求を申し立てをしたのね。
唯一の物的証拠の根幹が揺らいだ事から
2014年3月27日
静岡地裁は再審開始を決定した。

 

スポンサーリンク
再審開始.PNG

と言う事は
静岡地裁は
死刑判決が誤りだったかも知れないと認めたわけね。

 

静岡地裁の裁判長は
「証拠捏造(ねつぞう)の疑いがある」と
捜査機関を厳しく批判し
刑の執行・拘置の停止という異例の決定も下し
同日、袴田氏は東京拘置所から48年ぶりに釈放されたのね。

 

釈放.bmp

正に
不死鳥の如く蘇ったって訳ね。

 


冤罪(えんざい)が濃厚になった元「死刑囚」の釈放は
取り調べの全面可視化や死刑制度の是非を問う議論に迄も
波紋を投げかける事となったのね。

 

死刑判決の
決定的証拠となってた血痕衣類が
どうもそうではないらしいと
なった物だからそりゃー大騒ぎよね。

 

東京高裁は
死刑と拘置の執行停止は取り消さなかったので
地裁は2014年3月
確定判決で犯行時の着衣とされた「5点の衣類」について
「血痕が袴田さんや被害者と一致しない」とする弁護側のDNA型鑑定などを
「新証拠」と認めて「後日捏造(ねつぞう)されたとの疑いを生じさせるもの」と結論づけ
再審開始決定を出した。

 

同時に静岡地裁は
死刑と拘置の執行を停止する決定も出し
袴田さんは逮捕から約48年ぶりに釈放されたのね。

 

検察側は
地裁決定を不服として即時抗告した。

 

即時抗告審の東京高裁は2015年12月
静岡地裁で新証拠の一つと認められたDNA型鑑定の検証を
検察側が推薦した鈴木広一・大阪医科大教授に依頼し
昨年6月
本田氏が鑑定で用いた「特別なたんぱく質」が
「DNAを分解する成分を含んでいる」等として
本田氏の鑑定手法を否定する報告書を東京高裁に提出。

これに対して弁護側は
「鈴木氏の検証は本田鑑定と同じ器具や手法を用いておらず
高裁から求められた(本田鑑定の)『再現』をしようとしていない」などと反論した。

 

対立する2人のDNA専門家の意見を踏まえ
高裁がどんな判断をするかが注目されたが
決定では
「地裁が認めたDNA鑑定の手法の科学的原理や有用性には深刻な疑問が存在している。
血痕のDNA型が本人と一致しないという結果は信用できない」という判断を下したのね。

 

今後
審理は特別抗告審に移るとみられるが
静岡地裁と東京高裁の判断が二分された事で
袴田氏の再審開始の可能性はグレーな情勢となった。

 

事件簿.bmp

 

今後
袴田氏の再審開始が決まれば
袴田氏は4年半近く人生を楽しんだ
娑婆(しゃば=刑務所内の囚人から見た外の自由な世界)から
ムショ( 四苦八苦の苦しみに耐える自由のない刑務所)に
戻されるかも知れない・・・
その人の運命と言え
人生がこれ程
二転三転するのは・・・
しかも
同類である人間の手によってね。
恐らく稀有なケースでしょうね。

DNA鑑定は100%信憑性があると
今迄誤解していた様だけど
DNA鑑定プロの意見が
白と黒に分れるなんて
ショックだったわね。

 

兎に角結論は
血生臭くて後味が悪く
ストレスが溜まる事件だったよね。

 

猫挨拶.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です