肩こり,腰痛,不眠は猫背が原因・・・

スポンサーリンク

猫背は肩こり,腰痛の原因・・・

今朝も何時もの様に朝一で
モーニングコーヒーを頂きながら
NHKテレビを視聴していたら
女子サッカー日本代表チームの
フィールドコーチが
猫背からくる肩こりや腰痛の
治し方を指導している報道を視たので
その方法を
受け売りでこのブログで紹介するわね。

 

日本人は猫背が多い人種の様ね。

大学生の意識調査でも
男女とも6割が自分は猫背と思うと回答しているのね。

外国では背筋がピンと伸びてるお年寄りが多いのに比べて
日本では背中が〇まって
酷いのは腰がほぼ90度折れてる人も中にはいるでしょ。

 

猫背.bmp
昨年10月11日に
”ベットのふわふわ布団は猫背や不眠を助長するー煎餅布団健康法”
と言ったタイトルで猫背の予防に関した記事をアップしているのね。
↓  ↓  ↓  ↓
http://unpy72636.hatenablog.com/entry/2017/10/11/234248


前述のコーチの指導は
先ず
菱形筋(りょうけいきん)の調整を行うと言うのね。

 

具体的に説明すると
下の画像参照
背中にある赤い部分が菱形筋と呼ばれる部分で
この筋肉が衰えると猫背になるそうね。

 

目覚めよ菱形筋.png

 


■ここを鍛える方法ととして
下の画像の様に
両手を合掌に組んで真直ぐに伸ばす。

 

■次にそのままの姿勢から深々とお辞儀をする。
この時注意して欲しいのは肘を曲げないで真直ぐにキープした中へ
頭を入れて行くのね。
 お辞儀しながら息を吐き
同時に両肩甲骨を締める感じで行う。

 

これを一回12セット行う。

 

菱形筋トレ.png

 

■次に上の画像の様に
掌を開いて腕を直角に曲げ
そこから両手を上に真直ぐに伸ばす。

 

 ここで大事なのは
両方の肘の部分が耳に張り付くまで真直ぐに伸ばす事。

 

肩甲骨がグーッと締まるのを感じて
ゆっくりと下ろしてくる。

 

 こっちの方がちょっとキツイけど
頑張って一回を12セット行う。

 

■骨盤を正しい位置に直して腰痛予防する。

 

スポンサーリンク
腰痛予防トレ.png

 

 左の画像の様に両手を腰に当てる
 肛門を締めながら腰を前に軽く突き出す。

 

次に腰を後ろに振り戻す。

 

今から約十数年程前のテレビでよく見かけた
全身黒のエナメル衣装にサングラスをした芸人
『レイザーラモンHG』が
『フォー!!』と叫び声を発しながら
腰を前後に振っていたあのやり方に近いのね。
但し両足は直立したままの姿勢で行う。

 

モニター女性の画像を見ると
Before→Afterで結構
体のゆがみが矯正されているのが分かるよね。

 

首筋矯正.png

以上で終わり。
一日5分で猫背と肩こり、腰痛防止に
なるそうだから
是非
タメシテガッテン

 

最後にショッピンは
自分流の腰椎強化トレを毎日してるけど
自称「たったこれだけする運動」の
腰痛防止トレは下の様に「たったこれだけ」ね。

 

腰痛の大部分を占めるのは
「非特異的腰痛」と呼ばれ
変形性腰椎症
腰椎椎間板症
腰椎すべり症
筋膜性腰痛
ぎっくり腰という病名がつく症状で
要するに
原因不明腰痛という意味ね。

 

腰椎の構造.png

■上半身後ろ反りトレ

二つ上の右の画像の様に
【1】足を肩幅よりやや広めに開き
腰に両手を当て
膝を伸ばしたまま
息を吸いながら上体をゆっくり反らす。

 

【2】そのまま最大限に反らした状態を5秒保ちながら
息を吐きだす。
背中を反らすのではなく
骨盤を前に押し出すイメージで行う

 

■腰逆捻りトレ
これは整体法の一つとしての方法だけど
少し難しいかも知れないので無理しないでね。

 

両足を肩幅に開いて立ち
両手は腰の脇に着けて立つ
先ず
右足あげながらやや左側に向けてねじる
と同時に両手を大きく右に振り動かす。

 

コツは
両手の右への動きと逆に
右足は左に動いて腰を捻る。

 

次に反対の動きで
左足上げ乍らやや右側に向けて捻じる
と同時に両手を大きく左に振り腰を捻じる。

 

難しければ
先ず
両手を右に振る
次に右足を上げて左に振る
その時の姿勢が腰が逆に捻れた状態なのね。

 

慣れたら
両手と足を同時に動かして行う様にすればよい。

 

猫挨拶.png


[blogcard url=”http://unpy72636.wp-x.jp/2018/05/31/ドリップコーヒーの出がらしがスキンケアの美肌/”]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です