お酒の飲み過ぎは肝炎→肝硬変→肝がんへと悪化する!?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アルコールによる肝臓の酷使は肝硬変、肝がんを誘発するってホント!?

尿閉.PNG

 

一年365日
ほぼ欠かさずアルコールを
夕食前に頂くショッピンは
肝臓君には特に気使いしてるのね。

肝臓は臓器の中で
一番大きくしかも重要な臓器で
2500億個の細胞が
日々血液の解毒や
栄養分の貯蔵等を行い
体を健康に保っているのよ。

「沈黙の臓器」と呼ばれる程音を上げない。
他の臓器は調子が悪いと直ぐに痛みが出てくるけど
肝臓は肝炎になっていてもなかなかSOSを発信しないのね。

なので
「体がだるい」
「食欲がない」
と気付く頃には
肝臓君は可成りの重症になっていて
場合によっては
肝硬変や肝癌といった
より危険な病気までに進んでしまっている事も多々あるのね。

ブラック企業(アルコールの過剰摂取)下で
休みなく重労働させられても
悲鳴を上げないタフガイなので
気が付いたら倒れる寸前と言う最悪の事態に
なっているかもしれないのよ。

肝臓は
毎分1.5リットルもの血液を処理すると言われているのね。
1日に換算すると 1.5 リットル × 60分 × 24時間で
2160リットル!!

信じられる、この処理能力? 
ショッピンは
毎回4リットル入り焼酎大瓶を買うので
この大瓶の540本分を
代謝
解毒
胆汁分泌
不要ホルモン
赤血球の分解
鉄分を貯蔵!
等の大事な機能を一日で処理している事になるのよね。

 

肝臓機能.PNG

 

晩酌で二合(0.36リットル)頂くので
大瓶一本は10日分の飲み代ね。
したがって
540本分となれば
ショッピンが飲む量の15年分を
何とたった一日で綺麗にしてる勘定になるのね。

まー
おどろ木、桃ノ木、山椒の木だよね。

これを知って以来
物言わぬ肝臓君を酷使しない様に
三日に一回
アルコールなし休暇を上げてるのね。

処理される 血液の量にも屁こく位にびっくりだけど、
肝臓君めっちゃ重労働には頭が下がりますよね。本当に!!
寝ている時も休みなく仕事してくれている
働き者と言う事なんだから。

肝臓の働きの「代謝」(たいしゃ)は
消化器官から吸収された栄養素を
血液が肝臓に運んでくるのね。
肝臓に運び込まれた栄養素は
肝臓から再び血液によって運ばれ
体の各部分に配達されるのね。

んで
肝臓では
栄養素を
タンパク質
糖質
脂質に
分解
合成
貯蔵し
必要な時に代謝するのね。

肝臓の働きの「解毒」
体内にはアンモニア等の老廃物が発生するので
それを処理するのも又肝臓君の仕事なのね。
老廃物の他にも体内に蓄積されると有害になる物質
(アルコール、薬の成分等)も分解して尿と一緒に排出するのよ。

肝臓の機能が不完全になると
この解毒作用が上手くいかなくなり
腎不全等で
尿中に排泄されるべき代謝老廃物などが
血液のなかに蓄積されて起る症状で
脳に有害物質が回った場合には
非常に危険な状態になり
意識喪失に至る事の多い脳症状や
胃腸障害等全身に多彩な症状が出現する様になるのね。

 

アンモニアは肝臓で分解された後
尿によって体外に排出されるので
おしっこが出るのも非常に大事な体の一機能と言う事が
理解出来るでしょ。

 

話変わるけど
ショッピンの愛猫が
尿道が詰まる病気に罹ったのね。
トイレに長い間しゃがみこんでいるのよ。
やっと出て来た後を見てもオシッコが殆どない。
このままだと
毒が全身に回って死に至るのね。

動物病院に1週間入院して
治療を受けて治してもらったけど
怖い病期なのね。

 

自分の身になって考えて見ると
おしっこしたいのにトイレに入っても出てこない
便秘と一緒でめちゃ苦しいじゃない。

沈黙の臓器.png

肝臓の働きの「胆汁分泌」
肝臓では胆汁が生成され
その胆汁は
胆管によって肝臓から十二指腸に送られ
脂肪の消化に不可欠なようそなのね。

更に腸内に発生する細菌の増殖を抑止する働きもしているのね。
ところが
胆汁が処理する脂肪が増え過ぎる
胆汁の中に二次胆汁酸が増加して
これが大腸がんの原因になると言われているので
高脂肪の物は食べ過ぎない様に注意する事ね。

肝臓の働きその「不要なホルモンや赤血球を分解する」
不要なホルモンを
肝臓で分解、処理して
体に不必要な物質を
体外に放出する。

 

肝臓の働きの「鉄分を貯蔵」
赤血球は鉄とタンパク質からなる ヘモグロビンから構成されていて
その大事な鉄を肝臓で貯蔵しているのね。
肝臓では
血液を作る時に備えて普段から鉄を蓄えているのよ。

あなたの肝臓大丈夫? 
肝臓さんには休業して貰う訳には行かないけど
兎に角タフガイなのでとことんがんばるから
最後にノックアウトにならない様に
気を付けて労(いた)わってあげてね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です