生後6ヶ月の乳児がベットから転落、頭蓋骨骨折、脳出血の大惨事に・・・

スポンサーリンク

ベッドで寝ていた乳児が頭蓋骨骨折、脳内出血の大惨事になった原因は!?

高さ60センチのキングサイズのベッドから床に落ちた乳児が
致命的な損傷を被った事件を母親がメディアインタビューで明らかにし
この種の事故が如何に恐ろしいかと言う事を話しているのね。

米国で起きた悲劇に記事を読んだので
乳児を持つ母親には参考にして貰いたいのね。

彼女の話によると
夫婦で友人の家に行った時に
生後6カ月の乳児が寝入ったので
寝室のキングサイズベッドの中程に寝かせたのね。

colton.PNG
こんなに愛らしかったコルトンちゃん

 

寝入ったベービーの周りを枕で囲い
寝室から少し離れた外側で歓談したそうね。

 

まー
同じ様な状況では
どの両親もしている事で
特に珍しい事ではないのだけれど
これがこの夫婦にとっては
破局的な結果を齎(もたら)すこ事に成るとは
夢にも思わなかったでしょう。

 

暫くして
子供が床に落ちたて泣き始めたのを聞いて
夫は飛び上がって部屋の中へ駆けこんで行ったのね。

 

子供が頭を床にぶつけた程度だったので
大事に至らなくてホッとしたと父親は
子供は泣き叫んでいたけどきっと驚いたせいだと思い
落ち着かせたら私達を見て笑ったので安心したと思ったそうね。

 

夫婦二人とも
打ち身は腫れ上がる方が安心で
中に凹む方が危険と聞いた事が有ったので
子供が打った頭の傷は腫れ上がっていたので
二人ともその点安心したそうなのね。

 

夫の方は再婚で8歳の息子がいたけれど
妻は初産の子だった為に矢張り心配で
念の為に病院で診察して貰う事にしたのよ。

 

病院に着くなり
子供が嘔吐しだしたので
彼の小さな頭部内の状況を見る為に
すぐさま
CTスキャン検査が行われたのね。

 

母親が診察室のフロアに膝をついて
嘔吐する子供の背中をさすりながら落ち着かせようとしていた時に
お医者さんが入って来て
「頭蓋骨に亀裂が生じて脳内出血が起きている」
と告げたそうね。

 

f:id:unpy72636:20180511104115p:plain

 

この時点でも
「きっと大丈夫だわ、治療すれば治るわ、
子供は丈夫だから問題ないわよ
救急医が上手く処理してくれるわ」
と勝手に思い続けていたそうね。

 

事故の通報を受けた
緊急医療ヘリが手配されて
子供をメンフィスの病院へ移送する手配がされていたのね。

 

この頃には
すでに20名の医者と看護婦が子供の対処に当たっていたのよ。

 

子供の母が言うには
「何だかおかしい、何度も子供はは大丈夫でしょうね、っと聞いても
誰もが”最善を尽くします”と答えるのみで”大丈夫ですよ”と明言しないのね。

 

苦しむ息子.PNG
可哀想に・・・こんな痛ましい姿に変ってしまった。

自分のミスで惨事になった罪の意識に打ちのめされて
母親は
「息子の小さな体がどれ程苦しんでいるか!
家に居るべきだったのよ、
家を出る時にベビーベッドを持って出るべきだったのよ
寝かせるなら自分の腕の中で寝かせるべきだたのよ」
と今でも自責の念に苛(さいな)まれ続けているのね

スポンサーリンク

 

夫をハグしながら
許してと謝り続けている妻に対して、
君のせいじゃないよ、そんなに自分を責めるな
と夫は慰めてくれるものの
あんな僅かの高さから落ちただけで
こんなにも深く傷付くなんて・・・
と言う何とも言えぬ後悔の念が心に充満して消えないのよ
と母親は告白してるのね。
この様な試練を受けながらも
母親は他の母親達の事を考え始め
そして
自分の子供の苦しみを他の子供達が被らない為に
行動する決心をすると直ちに
Facebookに事故の詳細を投稿して注意を呼び掛けたのが
共感を呼び18,000以上の読者の返信があったのね。

 

何時でも何処でもあるこんな些細な事が
最悪の事態になるなんて想像も出来なかったし
また
誰にでも起こりえ得る事になので
二人とも
息子の回復に希望をつないでいたけれど
担当医から
「あなたのご子息は
あまり長くは生きれないでしょう」
と宣告されて
その望みは粉々に打ち砕かれたのよ。

 

医者のこの宣言程私の心をズタズタにしたものはないわ
その時の状態を思い起こして
彼女は
どんなに自分が惨めに見えたか
どれほど感情が無感覚になったか
自分の存在が如何に疎ましく思えたか・・・

 

夫は
病室の片隅に蹲(うずくま)り
両手で頭を抱えて
涙をボロボロ流していたのを
忘れられないの

涙ぐんでの話しているのね。

 

読み終わってショッピン感じたけれど
青天の霹靂の様な事故よね。
キングサイズベッドは大体2メートル四角の広さで
ベッド類では最大のベッドよ。

その真ん中に寝た、まだハイハイも出来ない乳児が
母親が周りに置いた枕を乗り越えてベッドの端迄
どうして行けたのか想像もつかないわね。

もしかして彼女は
自宅でもたまに
息子をベビーベッドを使わないで
ベッドに寝かせる事が有ったのかも知れないよね。
それまで何にも起きなかったと言う油断が
友人の家でもベッドに寝かせるミスに繋がり
不幸にも予期せぬ事故が発生した。
子供を自分のベッドにちょいと
寝かせる事をしている
乳児を持つお母様達もいるんじゃない?
もっと小さいベッドだったら
事故の起こる可能性は
反比例して大きくなるので
くれぐれもお気をつけくださいね。

べびーおむつ

お辞儀猫.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です