母の日のギフトは感謝のケーキで・・・

スポンサーリンク

母の日に贈るプレゼントは素敵なカーネーション・ブーケで・・・

 

カーネーション.PNG

子供の日が過ぎたら
直ぐに「母の日」が来るわね。
あなたのお母様への
感謝の気持ちをカーネーションに託して
お元気でいられるお母様には赤いカーネーションをプレセント
故人であれば特に白いカーネーションに拘らず
お母様が好きだった花をお供えしてもいいのよね。

 

この際
母の日の起源について調べて見たのでお披露目するわね。
5月の第2日曜日は「母の日」と言う風習はアメリカから伝わったのね。

 

1905年5月9日
アメリカのペンシルベニア州南東部にある都市の
フィラデルフィアに住む「アンナ・ジャービス」が
母の死を追悼して教会で白いカーネーションを配ったのをきっかけに
「母が生きている間に苦労して自分を育ててくれた事に対する
感謝の気持ちを伝える機会を設けたい」と
周囲に働きかけたのが始まりだそうね。

 

この運動がアメリカ全土に広まって行き
1914年には当時の大統領「ウィルソン」が
5月の第二日曜日を「母の日」と制定し
国民の祝日となったのね。

 

合成母の日.png

 


アンナの母親が好きだった(かどうかは実際には不明)
白いカーネーションを
追悼式の祭壇に飾った事から
母が健在であれば赤いカーネーション
亡くなっていれば白いカーネーションを飾る様になり
現在の様に「母の日にはカーネーションを贈る」習慣が生まれたのね。

 

母の日は世界各国にあり由来も様々で
母を大切に思う気持ちがきっかけとなっているのよ。

 

アンナの母であるアン・ジャービスは
牧師の夫が早世した後も
南北戦争や病気で8人の子供を失いながらも
残った二人の娘を一人で育て上げた強い母で
社会福祉活動家でもあったのね。

 

その活動は
病人や貧乏人の為の募金活動や
食品検査
公衆衛生活動
南北戦争時には中立を宣言すると共に
南北双方の兵士を看病したり
双方の敵意を無くそうと試みたイベントに
南北双方の兵士や地域の人々を招くなど
女性の地位がまだ低かった当時のアメリカで
社会改革にも貢献し成功を収めていたの。

 

合成南北.png

 

更に
敬虔(けいけん)なクリスチャンで
日曜学校の牧師を26年間も務める等の経歴を持つ
アン・ジャービスだからこそ
追悼式でのアンナの行為が社会的にも注目を集め
一人の少女の行動が国民の祝日にまで広がったのね。

 

この教会が
母の日発祥の地として現在も保存されている様ね。

 

ちなみに
日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃
1915年(大正4年)には教会で お祝いの行事が催されるようになり
徐々に民間に広まって行ったと言われているのね。

 

大正時代になってキリスト教会や日曜学校で徐々に広がって行き
昭和になってから大日本連合婦人会が結成されたのをきっかけに
香淳皇后の誕生日の3月6日が母の日と定められたのね。

 

この頃の日本の母の日は
今の様に5月ではなく

当時の母の日はそれほど国民には普及していなかったけれど
1937年(昭和12年)菓子メーカーである森永製菓が
「森永母の日大会」と称して大々的な告知行い広めた事で
全国的に認知され、母の日は各地に広まっていったそうね。

 

また
1949年頃からは
アメリカの例にならって5月の第2日曜日に行われる様になり
これが定着して現在に至ってるのよ。

 

もっと古くからあるイメージの母の日だけど
実際に日本で広く普及したん9は最近になってからよね。

 

母の日の始まりは
アンナ・ジャービスが母を大切に想う気持ちから生まれた
と言っても過言ではないようね。

 

また
カーネーションの花言葉が
「母の愛」
「純粋な愛」と母性愛を象徴するものだった事も影響しているのかもね。

 

と言う事で
年一回のこの日に
心を込めてお母様に
感謝のプレゼンして上げてね。

 

スポンサーリンク

母の日素敵なブーケ

母の日ギフトチーズケーキセット

お辞儀猫.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です