観光名所の鎌倉は外国人観光客も多数来ていて小町通りは大混雑!

鎌倉は外国人観光客も大勢来ていて大賑わい。

昨日は神奈川県の鎌倉へ出かけて
鎌倉駅➡鶴岡八幡宮➡浄妙寺(ランチ)➡杉本寺➡報国寺と
散策して歩いたのね。

マップ.png
                                     人通りでごった返す「小町通り」

鎌倉の中心に建つ神社の
鶴岡八幡宮は
十世紀半ばに源頼義が京都の石清水八幡宮を
鎌倉の由比ガ浜辺に祀ったのが始まりだそうね。

鎌倉幕府を源頼朝が開いた際に現在の場所に移動され
鶴岡八幡宮を中心に鎌倉の町が整備されたのね。

この場所は
三方(正面は海なので)を強い龍脈のパワーが流れる山に囲まれているので
大地のエネルギーが集まる「龍穴の地」と言われ
パワースポットとしても名高い場所なのよ。ショッピンも
本堂にお参りして龍脈パワーを頂ける様
しっかりお参りして来たのね。

本宮の楼門に掲げられた「八幡宮」の額には
「八」の文字が一対の鳩で表されており
八幡神の使いが「鳩」なのを象徴しているのね。

鳩文字.png

画像の白矢印の下の八の字は鳩文字

鎌倉を象徴する伝統的お菓子が「鳩サブレ―」
明治の初期に生まれたこのお菓子は
初代店主である久保田久次郎が

店に来た外国人からもらったビスケットが原点で
フレッシュバターをたっぷり使用した製品だけど
開発を始めた当時はバターが使われていることが分からず
それを見つけるまで大変な苦労をしたらしいのね。

丁度この試作が出来上った頃の或る日
欧州航路から帰朝したばかりの友人の船長が店に来たのを幸いに
初代は早速この試作のピスケを食べてもらったところ
その友人が
「おや?久さん
この菓子

ワシがフランスで食ったサブレーちゅう菓子に似とるゾ」と云われ
初代はこのサブレーと云う語呂に
先づは自分の名前の「三郎」の類似点を感じ
又親しみを抱いたので
サブレー・三郎と云った語呂合わせから
鶴岡八幡宮を崇敬していた初代は
八幡宮の本殿の掲額の(八)の字が鳩の抱き合わせであり
境内に一杯いる鳩が子供達に親しまれている所から
後に鶴岡八幡宮の「宮鳩」と「サブレー」が合わさって

「現在の「鳩サブレ―」になったのね。

ビスケットとは一味違い
ソフトな甘さがあって
とても口当たりがいいお菓子でね
鎌倉に来た観光客は殆どが
販売店の「豊島屋」でお土産として買って行くそうね。お土産.png

 

浄妙寺では
2018-04-08 09.47.05.jpg

お寺の裏山にある
ガーデンテラスでランチしたのね。

スープに始まり
最後はコーヒーとアイスクリークケーキの
フルコースランチ加え
地ビールの鎌倉ビールを
食事と一緒に飲んだけど
330ml入りで750円だものね。

鎌倉ビール.png

 

鎌倉は矢張り比較的には物価高な場所
食事は今いちって感じだったわ。

 

ただ
お天気も良く風も無かったので
ガーデンテラスの開放的雰囲気の下で
元同僚と一年ぶりにランデブーして
思い出を語り合ったのは
最高に楽しかった。

 

2018-04-08 09.03.48.jpg

 

報国寺
本堂裏手には
幻想的な竹林が広がり目を楽しませてくれ
特に、雨上がりはひと際美しいそう。

入り口で抹茶券を購入すると
茶席から竹林を眺めつつ抹茶を頂けたのよ。

報国寺.bmp

 

今年一年の無事息災を祈願するショッピン
2018-04-08 10.01.35.jpg

 

と言う事で昨日は
緑ヶ丘に囲まれた鎌倉の
神社仏閣の清浄な空気の下に
咲き乱れる種々の花々の美しさに感動して
モチベーションのリチャージに徹した一日でした。

 

2018-04-08 09.45.12.jpg

2018-04-08 09.44.36.jpg
2018-04-08 09.28.30.jpg
2018-04-08 09.24.07.jpg2018-04-08 09.07.52.jpg
2018-04-08 09.46.15.jpg
2018-04-08 09.45.57.jpg2018-04-08 10.15.14.jpg