ファッション ショウでステージを歩くモデルの歩行が最も理想的!

モデルがファッションショウで示す歩行法が最も理想的な姿!?

今朝も
相模湾の水平線上に顔を出した太陽を拝礼していたら
健康の為に朝方よく散歩しているお年寄りが
相模湾に面したマンションの前の国道135号線の歩道を

歩いてくるのを見かけたのね。

ご来光.bmp

 

中々感心だなーって微笑みつつ
見ているのだけど

一つ気になる事が有るのよ。

歩行補助の為思われるけど
スキーのストックの様なものを両手に持って

それを使いながら歩いているのよ。

それはいいとしても
歩く姿が腰から上が前傾していて

カタカナ文字の”へ”を立てた様な格好なのね。

長い間この姿勢を保って来た為に
骨肉が固まちゃったのかも知れないけど
やはり
歩行の正しい姿勢は
起立した時に電柱の様に上から下まで

真直ぐである事よね。

私達人間の歩行は
四足の動物の動きに酷似している様ね。
大昔

人類の祖先が四足で歩行していた当時の名残なのかしらね?

 例えば(下の馬の動画参考)

馬の歩行時の四本足の動きを観察すると

「右後足が前に出て遅れて右前足が前に出て行く」。

次に前に出た右前足に引き込まれるように
左後足が出て左前足の順で出て行く。

こうして左右に重心を揺らしながら歩行しているのね。

    


人間の合理的な歩行も基本的には馬と同じらしいのね。
私達が歩行する場合

両腕は肩の付け根を中心として時計の張子の様に前後に揺れていて
右足が前に出た時は、右腕は肩の後ろに位置しているが

右足が出た途端に右腕は右足を追う様に前に振り出される。


右腕が前に振り出されると同時に、左足が前に出る。
そして
肩の後ろから左手が左足を追っかける様に前に振り出される。
こうして

左右のバランスを取りながら前へ前進しているのね。


この動きは
上に述べた馬足の動きの

「右後足が前に出て遅れて右前足が出て行く。

と言う動きと一致しているのよ。

これが右足と右手を一緒に前に出せば

バランスが崩れて前進出来ないでしょ。


競馬をスローモーションで観察すると良く分かるけど
全力疾走している時の四足は
それぞれ前に出てくる足が地を蹴って

大きくジャンプして前進してるのが分かるでしょ。

この状態が馬が最大歩幅を取っている時なのね。(写真参照) 





私達の歩行も

足の歩幅が大きく前進すると
それに比例して手の振りも大きくなり
逆に
歩幅が小さいと手の振りも小幅になる。
俗に言う「すり足」の場合は
両手はダランの下がったままで

殆ど前後に動かない。

これでは

運動にはならないのね。

すり足.GIF

ショッピンは運動の為に

ウォーキングする時には
以下の点に注意してるのよ。
脳天を天に突き出す様にして背筋をピンと張る
左右の足先は前向きに真直ぐ出す(外向きや内股にしない)。
15センチ幅のラインを想像してそのライン上に左右の足を乗せる様に意識する

左右の腕は真直ぐにして時計の振り子の様に大きく振って歩く

すると自然に歩幅が大きくなり
踏み出した足はほぼ足裏全体が同時に着地して

足先着地すると同時に手が大きく前に振り出て行くのが分かるのね。 

ショッピン思うに
理想的な歩き方はファッションショーでのモデルのあの歩き方ね。
理由
その一

上半身は背中に芯を入れた様にビシッと真直ぐになっている。

その二

左右の足が一直線上を歩く様に歩行にブレが無い。

その三
繰り出す足の膝が僅かに床から上がっており
膝が伸び切っていない。

 

合成歩行.bmp

 

画像の右端のイラストの様に
北朝鮮の軍事パレードでの
兵士の行進の様に
膝を伸ばしたまま足を前に出すのは
間違いと思うのね。
やってみれば出来ない事は無いけど
長続きしないのね。 

あんなのは

観賞用の短時間行進なのよ。

せっかく時間をかけて散歩するのなら

でれでれと歩くのではなく、
出来るだけ歩行が効果的な散歩と心がけるべきでしょうね。

あなたも
モデルの歩き方を練習してみては? 

歩く姿は”百合の花”って言われるかもね!?

猫挨拶.png

後編、 無料アフィリエイト塾の特典には必ず高額商材の紐付きが有る!?

 

後編、先着30名に無料アフィリエイト塾の特典!?はサギ商材の典型的宣伝コピー?

 
 

以下
昨日のブログの続編ね。

■サギ商材の常套手段手口(四)
 
 教えた生徒の成功者と称する男女の動画出演PR。
 覚えておいて欲しいのは、
 商材の売人と面談を仕切るインタビュワ―
そして
援助交際
いや失礼
援助出演者は同じ穴の狢(ムジナ=あなぐまやタヌキを指す
一見無関係の様に見えて実は同類・仲間であり
多くは悪事を働く者について言う例え)

援助出演者とインタビュワ―は全員サクラなのよ。

 
商材販売の全部が全部とは言わないけれど
まずこの三者はグルになっているケースが殆どね。

そりゃそうでしょ
インタビュワ―が自腹きってドバイに居る
売人にインタビューしに行く訳がないよね。

ドバイの
超高層ビルのラウンジで
インタビューして
中村直人もドバイの高級マンションの住民の格好して出て
あなたもこう言う生活が出来る
なんて言うのは全て演出で
舞台でのお芝居みたいなものね。

演出会見.GIF
 

勿論
観客はあなたで
観客席から拍手喝采して
高い拝観料を支払わされる訳ね。

こういった演出の
経費と手当は全部売人グループから出てますよ。
サクラ出演も同じ。

お手当の代償は勿論
売人の有利になる証言をする事ね。

合成サクラ.bmp

 

私がこのサギ商材に引っかかった一つの原因が
上の画像にある70代のお婆さんのインタビュー。

 「中村メンター(メンターでなく実は詐欺師だった)の教えに従い
 コツコツと三カ月やったら1000万円になった」
へー70代のおばーさんでさえ三カ月で
1000万も稼げる商材なら
自分ならお茶の子サイサイで出来るだろう・・・

なんて
今考えたらバカ丸出しで
今ならこんな非常識なコメントは
 デタラメと直ぐに見分けがつくのに
当時はショッピンも情報弱者の一人だったので
アホみたいにこのばあさんの言った事
じゃなくて
言わされた事を鵜呑みしてしまったわけ。


スクール始まったら
なんと最初の三か月間は
マインドセット(ネットビジネスを行う上での心構え)
の話をダラダラと行うだけで
お金を稼ぐ実践は全く無い。

しかも
一回のカリキュラムを実践しても
それを塾に提出して
審査で合格しないと
次のカリキュラムに進めない仕組みになっているじゃん。
これって
一見
本人に確実にカリキュラムを理解させると言う点では
好い事かも知れないが

 一番頭に来たのは
動画を30本作成して
 それをyoutubeにアップし
その30のURLを
提出せよ…と言う課題ね。

 

これって全く
受講生をバカにしている内容よね。

動画製作には
専用のアプリが必要で
WINDOWSにはムービーメーカーと言う
ソフトが付いているけど
勿論
使い方を覚えなければならいでしょ。

仮に動画製作の経験はあっても
■そのコンテンツの選択
■その編集
■youtubeアカウントの取得
■youtubeへの動画のアップロード

途方もない知識と労力と時間が掛かるのに
お座なりの動画指導で出来る物じゃないのよ

ましてや
最低デジカメを持っていないと
動画作成は出来ないよね。

それを30本まとめて作るまでは
次に進めないのだから
これはもう
してやられた詐欺商材と分かって来たのね。

援助出演のおばーさんの
三カ月で1000万なんて
真っ赤なウソなのよ。

 

ショッピンは
画像をスライドショウにして
なんとか動画30本を作成し提出したけど
30本作り終えた頃には
スクール開校以来既に
半年以上が経過していたの。

途中でもう騙されたと気が付いたけどね。

勿論
半年経過しても1円の稼ぎも無かった。

■サギ商材の常套手段手口(五)
 具体的な説明のない作業方法
ある方法で・・・・
クリックるだけ・・・ 
あるものをコピペするだけ・・・
        
これも結構ヤバイね。

 一体何をして稼ぐ方法なのかを全然明かしてないサイト。

 
■サギ商材の常套手段手口(六)
全額返金保障付(画像参照)
金融省でも発行した様な見事な返金保障の画像
こんなものプログラマなら作成するのは朝飯前ね。
 

返金保証.GIF

 
ショッピンは
この商材を買った最大の理由は「全額返金保証」付だったからよ。
でもこの保証書もついに来なかったけれどね。

 
 
 
で、
実際には一円も稼げなかったので
返品請求のメールを送信したけど
それも三回送っても
一切梨の礫(なしのつぶて)・・・

 この件をネットで調べてみると
被害者がかなり居る事が分かったのね。

被害者が多くネットで炎上した様なのよ。

最初から情報弱者を対象にした
ゴミ商材販売での荒稼ぎを目的にした
悪徳グループらしいのね。

 
インタビュワ―の野間呂直樹も
 ネット業界では名札付きの
悪徳インタビュワ―との事。

この様なゴミ輩(やから)が暗躍する限り
ネット業界の発展はおぼつかないよね。

以下に
詐欺売人、中村直人のLPサイトのURLを掲載したので
興味本位でも見てご覧よ。

賢明なあなたなら
こんなひどい内容の宣伝に惑わされて
高額商材買うなんて
余程のおバカさんねって
きっと思うわよ。

 
 

どうか
ネットで商材購入を検討する際には
十二分に事前調査を行い
納得の上で行動するようにしてね。

 
 
返金保証.GIF