おっぱいの項垂(うなだ)れを防ぐ美バストフィットネス!

スポンサーリンク

美乳の下垂を防ぐバストケア やるなら今でしょ!!

 

今日は久しぶりにサイトタイトルの
バストアップに準じたバストケアの記事を書いたわ。
人間の顔や体のバランスが
「最も美しく見える比率」の事を
「黄金比」と言うのはご存じよね。
スタイルは
特別スラッとしたスリムな体でもないのに
不思議ときれいに見える人っているのよね。
そういう女性は黄金比に限りなく近い体なんだそうね。体型黄金比.png
その黄金比
下着メーカー「ワコール」が1995年に発表した
スリーサイズ黄金比率 理想のバスト = 身長 × 0.5 (0.53の取り方もある)
(例 身長165cm × 0.5 = 82.5cm のバスト)
 理想のウエスト = 身長 × 0.38
 (165cm × 0.38 = 62.7㎝ のウエスト)
 理想のヒップ = 身長 × 0.54
(165cm × 0.54 = 89.1cm のヒップ)

 以上がバランスの取れた理想的黄金比となるのね。

スポンサーリンク

 

上の数値を参考にして
 あなたも自分の 「B & W & H」が
黄金比にどれだけ近いかを
入浴した際にご自身の体の
バスト
ウエスト
ヒップ
を測って見たら?
バストの位置にも理想の黄金比があって
 鎖骨と鎖骨の間から左右の乳頭を結ぶラインが
正三角形になる状態が最も美しく美乳を見せる位置で
バストの「黄金比率」と言われているのね。

 

黄金比.png
更に
乳頭の高さは肩と肘の丁度中間あたり
左右の乳頭の位置は
顔の輪郭幅と同じ延長線上にあれば
正に黄金比の見本と言うべきって訳ね。
これからあなたが目指す目標が分かったでしょ。
兎に角
体のあらゆる障害の源は血の流れが悪くなる事ね。
肩こりや首凝りで
肩甲骨や胸の筋肉が硬くなると
肩の動きが悪くなり
それにともない
大胸筋(胸の筋肉)まで固まり
血液やリンパ液の流れが
滞り易くなってしまうのね。
その結果
胸のまわりの肋骨筋も固まり動きが悪くなって
呼吸が浅くなると
酸素の吸入も減少してしまい
血巡りの悪い状態の筋肉や
骨に囲まれたバストへの血液循環は妨げられ
バストが成長するに必要な栄養が届かなくなってしまうの。
所謂
栄養失調状態よね。
これじゃ
バストは育つどころか
しぼむ
垂れる
痩せる
事は当然じゃん。

 

 

ましてや
結構な脂肪の塊は
重力のある地球上において
下垂は高校生位の
おっぱいがそれなりに出来て来た年齢から
既に始まっているのよ。
一日24時間
一年365日
休みなくおっぱいは地球の中心に向けて
引き下げられているのね。
ほっといたらどうなるかは
火を見るよりも明らかでしょ。
子供の頃のショッピンの母は
エプロンにたすき掛け
髪は手拭いで覆って
炊事、洗濯、掃除、子育てと
生活全般でテキパキと動き回り
体の様々な筋肉や骨格を動かす動作をする事が多く
血液が滞る事も無かったのか
子供心にも綺麗な胸の記憶が有るのね。
現代においては
あらゆる分野で自動化が進み
自分の筋肉を使う動作が減り
体の柔軟性
骨格の可動域が減り
リンパや血液の循環が悪くなった状態で
生活を送っている人が殆ど。
今程度の日常の動きだけでは筋肉量も増えず
衰えばかり増えて
熱量を生み出す筋肉が萎縮しちゃうのね。
とくにバストが乗った大胸筋は
生来のブラジャーの様なもので
バストを支える役割を持っていて
その大胸筋が衰えると
バストは垂れてしまい
大胸筋にハリ・弾力があり
血液の巡りが良く
ふかふかな状態
且つ筋力もあれば
下垂は起きず活き活きしたバストを保つ事ができるのね。



では
次回のブログで
How To Keep Your Nice Breast!
きれいなおっぱいを維持する方法
についてブログするわね。

猫挨拶.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です