体重い、きつい、だるいでダウンした名指揮者の病は大動脈弁狭窄

スポンサーリンク

 

 

体調がだるくてダウンした名指揮者小澤征爾氏の病は大動脈弁狭窄症

つい先月22日に
名わき役俳優大杉漣の急性心不全による突然死を

お笑い芸人フジモンの
心臓左冠動脈の動脈硬化で余命9年等の記事を
ブログで書いたけど

今回は
オーケストラ指揮者の小澤征爾さん(82)が
今月13日から始まる「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」
への出演を取り止め入院する
と所属事務所が8日に発表したのね。

検査の結果は大動脈弁狭窄(きょうさく)症で
治療で約1カ月の入院をするハメになったのね。

66歳の若さで急逝した
大杉漣も急性心身症で失命したでしょ。

その半月後に
小澤征爾の大動脈弁狭窄でしょ。

どちらも要するに心臓の病気ね。

■心臓は血液を全身に輸送するポンプ役をしているのは衆知の事実

だけど
内部は4つの部屋に仕切られていて
血液が各部屋を逆流するのを防止する為に
部屋と部屋の間には
家に例えるとドアの様な
「弁」と呼ばれる扉が付いているのね。

この内
全身に血液を配送するポンプ役の左心室と
大動脈の間にある扉(弁)を大動脈弁と言うのね。

大動脈弁狭窄症は
この弁の機能が低下する事で発症する症状なのね。

■大動脈弁狭窄症の症状とは?

大動脈弁が硬化し
血液の通過する通路が狭くなる病気で
始めの内は症状を伴わず
進行すると
狭心症の様に
胸が痛くなったり
失神したり
心不全になる
等の
症状が出て来るのね。

■心不全を発症すると
■疲れ易い
■歩く等軽い運動で息切れがする
■体を横たえると呼吸が苦しく
■朝方息苦しくなる
■足がむくむ
等の症状が出るのよ


突然死の可能性がある事は
先の大杉漣の急逝でも分るでしょ。

.

心臓が血液を大動脈で全身に輸送するには
左心房から大動脈に入った血液が逆流しない様に
一定量の血液が通過したら
弁を閉じて血液の逆流を防いでいるのが大動脈弁なのね。

下記の画像は
下肢の静脈に静脈瘤が発症した時の
逆流防止弁の破損状態

成人の大動脈弁狭窄は
徐々に進行する為
長い間症状のない時期があり
多くは50代、60代になってから発症するのね。

■大動脈弁狭窄症の特徴は

先ず
狭心痛(きょうしんつう)と言われる症状で
運動した時
階段を昇った時
等に出る胸の痛み発作で
これは左室肥大化により狭心痛が現れるのね。

■2つ目は

失神で
多くの場合
体を動かす時に心臓から出る血液量が低下して
脳に来る血流が減ってしまう為に起こるのね。

■3つ目めは

他の弁膜症と同様
体を動かした時の息切れ
特に夜間に発作する
呼吸困難といった左心不全の症状。

大動脈弁狭窄症では
この様な
狭心痛
失神
心不全症状
が現れ
そのままにしておくと
一般的には
余命は狭心痛が現れると5年
    失神が現れると3年
 心不全が現れると最悪2年と
言われているの恐ろしい病なのよ。

心臓は
全身に血液を循環させるポンプ役なのだと前述したけど
この心臓は心筋と呼ばれる筋肉で出来ていて
血液には
食事等で摂取した
種々の栄養
水分
等の胃腸で分解された物と
肺から血液に取り込まれた酸素があるのね。

スポンサーリンク

即ち
人が生きる為に必要な栄養、水分、酸素が
心臓のポンプによって体中の臓器、細胞に届けられるのよ。

そして
四つの部屋
右心房
左心房
右心室
左心室
の4部屋の中を血液が循環して
全身から戻って来たり
全身に送り出されたりを繰り返している訳ね。

部屋の出口には弁があり
ちゃんと一方通行に血液が流れる様に
出来ている事も上述したでしょ。

■心筋の肥大化とは

心臓の4つの部屋の壁の筋肉が厚くなる(肥大する)事をなのね。。
心筋の肥大は
4部屋のどれにも起こるけど
最も多いのが左心室の肥大(左室肥大)なのね。

所で
あなたは”スポーツ心臓”って聞いた事ある?

心臓肥大と良く似ている状態として
「スポーツ心臓」と言うのがあるのね。

 

長い期間激しい運動を継続してきたスポーツ選手等に見られる症状で
過激運動による心臓への負荷に適応出来る様
心臓が肥大し、心筋が分厚くなる状態を言うのね。

主な特徴としては
安静時の心拍数が
一般的な基準値よりも大きく下回る事で
一流マラソン選手は
1分間の心拍数は30回程だと言われているのに比べ
一般的な成人の平均値が60~70回なので
半分以下の数値よね。

脈拍数が低くていいじゃん
思かも知れないけど
心臓への負担や
運動後の血圧の上昇を引き起こすデメリットが大きいのね。

スポーツ心臓を持っていると
他の心臓病とも類似していて
区別し難い事があり
発見が遅れてしまう危険性もあるので
特に過激スポーツをするスポーツマンは
定期的に心臓の検査を行う注意が必要ね。

ショッピンの健康理念

サラサラ血液こそが
本当の綺麗で健全な身心を作る万能液なのね。

人の体には地球を二周半する10万キロもの
毛細血管が張り巡らされていて
全身の血管の95%にあたり
最も細い部分は約8μm(1/1000mm)の
髪の毛よりも遥かに細い顕微鏡で見る超極細血管で
生命維持に不可欠の栄養・酸素を供給し
老廃物を体外に排出する働きをしているのね。

身体のあちこちに起こる弊害は
ドロドロ血液がこの毛細血管を通過出来ずに
交通渋滞が起きる為に
栄養と酸素が配達されずに
生命維持細胞が死滅してしまうのね。

人は加齢で老いるのではなく
血管と共に老いる事を忘れないでね。

LPS 一生健康に暮らす為の新常識

Wパワーで冴えわたる毎日



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です