パンプスが足のサイズと不一致だとかかとのひび割れの元になる!?

スポンサーリンク

かかとのひび割れはサイズ違いのパンプスも一因かも!?

スポンサーリンク



 

数日前に書いた
フジモンの動脈硬化を報道した午後7時半からの
TBS「名医のTHE太鼓判」を
今週の月曜日に再試聴したのね。

その日
診察されたのは早見優で
医師団がウオノメや乾燥で
ガチガチになったかかとに悩む
早見優の足を診断したのよ。

巻爪を切らないと靴を履けないという早見。
足に一部に過度の圧力が加わる事で角質も厚くなり
タコやウオノメが出来るのだと言うのね。

医療用のインソールを使用する事で
崩れた足を正しい形に矯正する事が出来
足の痛みに悩む早見優が
医療用のインソールを入れたハイヒールを試着し
履けなくなっていたハイヒールがフィットし
より歩き易くなったと言う内容だったの。

ショッピンも
ブログで書いた
下肢のむくみの記事で
足先のトラブルにも
部分的に触れたけど
確かに足裏が乾燥して
皮膚はゴワゴワになったのよ。

 

このかかとがひび割れたり
コチコチになるのは
皮膚の一番外側の角質が
厚く硬くなる「角化症」が原因で
放置した為に
完全にひび割れて痛みや出血があるものまで
症状は様々で

「乾燥」
「外部刺激」
「溜まった古い角質」の
三つが主な原因なのね。

かかとは
空気の乾燥が進む冬なると
白くなったり
ひび割れたりと
トラブルが目立つ部位で
これは足裏に
脂の出る皮脂腺が無い為なのね。

顔や体の肌は乾燥していると感じると
皮脂を出して保護しようとするけど
かかとはいくら乾燥しても
潤いを作り出す事が出来ないのね。

加えて
通気性の悪いブーツを履くと
蒸れて熱がこもる為
汗の量も増加し
湿ったり乾いたりという状態の中で
必要な潤い成分も無くなってしまう為
かかとは一層乾燥が進んでしまうのね。

乾燥や加齢によって「角質肥厚」の状態になるかかと

こうして乾燥が進むと
新陳代謝が乱れてしまい
古い角質が剥がれず
肌に留まり続け
その結果角層が増々厚く硬くなり
「角質肥厚」と呼ばれる
分厚いかかとになるのね

そうなったかかとは
潤いが無くカサカサした厚みが出来る為
触ってもガチガチで
白っぽく硬くなってしまった状態に成るのよ。

加えて
疲れやストレスがたまると
体調リズムを整える
体内ホルモンの均衡が乱れ
肌の新陳代謝や
バリア機能が低下して
かかとが分厚くなる原因にもなるのね。

顔の肌と同じ様に
加齢によって肌の再生力も衰える為
年々かかとの乾燥は悪化してしまう一方なのよ。

もう1つの
加齢によってかかとが硬くなってしまう原因として
外側からの摩擦や圧迫等の刺激があるのね。

肌は防衛反応で角質を厚く硬くして
内部を守ろうと機能するので
歩行による刺激の積み重ねで
年々かかとは硬くなって行く訳よね。

■冬に多い乾燥によるかかとのトラブル

冬は全身の肌が乾燥しがちだけど
中でもかかとは乾燥し易い部位で
エアコンやこたつなどの暖房器具は
皮膚を乾燥させるので注意が必要なのね。

スポンサーリンク

■外部からの刺激(足のサイズ違いの靴による圧迫等)

かかとや足の裏には
歩行や立った状態などにより                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                歩いたり立っているだけでも全体重がかかることで
1日中多くの刺激を受けているのね。

サイズが合わない靴を履いたり
サンダル等で紫外線を浴びたりする事も
角化症を促進させる一因となるの。

外的刺激から皮膚を守ろうと
どんどん角質が厚くなり
ガサガサからひび割れになっていく。

■古い角質が蓄積される

角質は
肌の新陳代謝が正常に機能していれば
古い角質は垢として自然に剥がれ落ちて
乾燥や外部刺激によって厚くなる事は避けられるけど

でも元々
足は血液やリンパの流れが滞り易い所なので
新陳代謝がお粗末になり
更に
ストレスや加齢、疲労等によって
肌の再生機能が衰退すると
古い角質がそのまま蓄積され
分厚くなって行くのね。

分厚くなった角質層では
水分が浸透し難く乾燥が進み
更に
角質が厚くなり
ひび割れに…という悪循環に成っちゃうのよ。

かかとのトラブル解決法は?
例えば
「かかとの乾燥対策法」を検索窓に入力すれば
ずらーっと出てくるけど

ショッピンは
兎に角
足裏のツボ踏み法だけで治したのね。

古い角質は
お風呂で皮膚が柔らかくなっている時に
軽石で少しづつピーリングしたの。

その後で
保湿クリームを塗っただけ。

 

足裏のツボ踏み方は
椅子の背宛を掴んで(体のバランスを保つ為
と足裏の刺激の強さを軽減する為))
かかと
土踏まず
足先
の三か所を
それぞれ100回づつ踏んでいくのね。

これで
足の指先の毛細血管までまで
血流が促進されて
栄養を与えてくれるので
足の皮膚もつるつるに生き返るのね。

以下を再度参考にしてね。
「Can Do、大創”等の100円ショップに下肢のむくみ治療の答えがある!?」

http://unpy72636.wp-x.jp/2018/03/04/

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です