スイカ、ナナコ、ドコモの電子マネーはキャッシュレスになる?

ドコモのキャッシュレスビジネス先導でスリーメガバンクが鳩首会合!?

三菱東京UFJ

三井住友

みずほのメガバンク3行が

スマートフォンで手軽に支払いが出来るQRコード決済の

規格統一と連携の方針を固めたと

国内各報道機関が伝えています。

QRコードを使ったキャッシュレス化は

店舗サイトも

特殊な装置でなく

市販のタブレット端末

スマホがあれば

読み取り装置

等の初期投資が少なくて済む所が

店舗側の利点のひとつとなっているのね。

バーコード.GIF

また

ユーザーも

QRコードを表示する専用アプリを起動するだけで

支払いが完了し

加入も無料なので

初心者でも扱い易いメリットがあるのよ。

NTTドコモは

大手のコンビニ

ドラッグストア

以外にも

中小の小売店にも導入を呼びかけ

早期に10万店舗にまで拡大する計画だそうね。

他にも

「楽天ペイ」

「LINE Pay」

と言った大手ががQRコード決済を採用し

次第に一般にも浸透してきているのよ。

それに

世界ユーザー5億人と言われる

中国のアリババが

今年の3月に

日本での正式サービス開始を発表しており

今回のメガバンクの動向は

中国の日本進出に対する危機感からの

鳩首会合って訳でしょ。

単独アリペイ.png

それにしては初動が遅すぎるんじゃない。

キャッシュレス先進国になりつつある代表格が中国で

その原動力がスマホによるQRコード決済。

「ウィーチャットペイ」

「アリペイ」の2大勢力を中心に

利用者が爆発的に増加しているのね。

近年訪日外国人客が増加している現状に鑑み

中国人観光客のニーズに対応する為に

決済方法としてアリペイを導入している店舗も

次第に増加している様ね。

QRコード決済とは

スマートフォンのディスプレイなどに表示した

ユーザー固有のQRコードを

店舗側端末のカメラで読み取る事で

指定したクレジットカードなどでの

決済処理を完了できるサービスの事よ。

国内のネット通販の流通総額は

13.8兆円の市場があり。

主力事業のネット通販だけでなく

決済サービスを通じて

消費全体を拡張する戦略の様ね。

それに比べて

日本国内の状況は複雑で

「スイカ」

「パスモ」といったICカード乗車券に

「楽天Edy」

「nanaco」

「WAON」

に代表されるカード型の決済サービス。

様々なサービスが乱立乱戦模様なのよ。

加えて

支払い手段が統一されていない状況は

ユーザーの利便性の面でも問題なのよね。

現金は進歩の足かせになるのでは?

様々な決済サービスが提供されながら

普及が遅々として進まない日本。

海の向こうでは
アマゾンが「JustWolkOut=そのまま店を出てください」
と言う無人コンビニがスタートしているのよネ。

アマゾン無人コンビニ.png
下の動画を見てご覧よ。
あまりの便利さに唖然とするわよ。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://youtu.be/NrmMk1Myrxc

「日本は今の現金決済に満足度が高いが

交通手段に例えるなら

新幹線を使わずに

鈍行列車に乗り続けている事に

近いかもしれない

と危機感を募らせているにも関わらず

激しく競争する事業者は

ユーザーの囲いこみ戦略に余念がなく

日本経済にとって最大の課題とも言える

生産性の向上にもつながる

キャッシュレス決済の普及には

事業者間の健全な競争だけでなく

相互の連携による「開かれた決済サービス」を

考えていく事が最重要だと

言われているけどその通りよネ。

グローバル化と逆行する

ガラパゴス化に

成らなければと懸念するわ。

引用;WEBLIO

ガラパゴス化

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%91%E3%82%B4%E3%82%B9%E5%8C%96

猫挨拶.png