健康食品を信じて飲食しても効果は不明?

スポンサーリンク

年間売上約1兆5600億円の巨大なマーケットとは?

健康食品を信じ込んでいる人の大いなる誤解
青汁・酵素・グルコサミン…危害情報も急増 !
健康食品を摂取するだけで健康になれると考えるのは大間違いだ…

5600万人もの日本人が利用する
健康食品,サプリメント。

1月9日発売の『週刊東洋経済』は
「間違いだらけの健康常識」を特集を組んで発売したのね。

以下はその一部を抜粋したもの。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2015年春に機能性表示食品制度が始まり
メーカーが科学的根拠を国に届ければ
健康効果をパッケージに表示出来るようになった事で
次々と新商品が登場。
今後さらなる市場拡大が予想される。
だが
その陰で有効性の根拠があやふやな商品が氾濫。
さらには
健康食品で体調を崩すなどした危害情報も急増している。
健康食品という名前は
“食べるだけで健康になれる”
というイメージを抱かせる。
だが
メーカーの宣伝文句を鵜呑みにして
何も考えず摂取している人は
今すぐにその習慣を見直した方がいいだろう。
期待する効果が得られないどころか
健康を害する恐れすら有るからだ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一般的に健康食品は
「健康の保持・増進に資する食品として販売されるもの」を指し
その中で
「特定の成分が濃縮された錠剤や
カプセル形態の商品」
がサプリメントと呼ばれているの。

合成食品.png

 

サントリーウエルネスの「セサミン=売上750億円、」
ディーエイチシー(DHC)の「マルチビタミン=481億円」
ファンケルの「えんきん=339億円」
等トップ3の大手企業の商品をよく見かけるでしょ。

他にも
キューサイの「ケール青汁」
山田養蜂場の「酵素分解ローヤルゼリー」
世田谷自然食品の「グルコサミン+コンドロイチン」

テレビCMでお馴染みの企業は
どこも売上高100億円以上なのね。

これ等の食品は開始3年足らずで1200品目以上になり
特定保健用食品(トクホ)を上回っているのよ。

日本通信販売協会の調べによると
青汁
コラーゲン
ルコサミン
が最も多いのね。

スポンサーリンク

問題は
こうした人気成分の大半は
効果の根拠が不透明なのよ。
殆どの成分の有効性のデータが
不十分となっているそうね。

たとえば
関節痛等の軽減効果を謳い
根強い人気のグルコサミン
の内
グルコサミン塩酸塩については「データが不十分」(NMCD)。
グルコサミン硫酸塩は
「重篤で慢性的な骨関節炎の痛み緩和には
効果が無い事が示唆されている」(健康・栄養研)という。

コラーゲン
水素水
黒酢
等も
データが十分でないのね。

効果を感じたとい人についても
「殆どの場合は
(効くと信じて摂取する事によって得られる)(注)プラセボ効果だろう」
と言う東京都医師会の指摘もある位。

(注)ヒトの体には
とても不思議な一面があり
乳糖や澱粉等
薬としての効き目のない物で
錠剤やカプセル剤を作り
頭痛の患者に本物の薬として
服用してもらう実験をすると
半数位の人が治ってしまう事もある。

薬(に似たもの)を飲んだと言う安心感が
体に潜む自然治癒力を引き出し
これは「プラセボ効果」と呼ばれる。

青汁で
下痢や
蕁麻疹(じんましん)
等の事故情報も出ており
消費者庁のデータバンクによると
便秘やダイエットに良いとされる青汁は
下痢や蕁麻疹等の
事故情報が2015年から3年間で300件以上報告されているのね。

同庁消費者安全課は
「青汁の事故情報は注視しているが
何が原因か不明な為
現時点ではどのように注意喚起して良いか分からない」と
何とも頼りない返事。

青汁の中には数十種類の
原材料や成分を含む商品があり
「成分同士が相互作用して体調不良を引き起こす可能性もある」
 同じく多くの成分を含み
ダイエットや老化防止に効くと謳われてる酵素も
下痢等の危害情報が2015年度に190件あり
2016年度は534件に倍増した(国民生活センター調べ)。

こうした被害から身を守る為には
広告や表示の情報の真偽を見極める
識字能力の向上が必要よね。

即ち
何でも安易に鵜呑みにしない知恵を付ける事ね。

青汁表示.PNG

 

そもそも
健康の大前提は
規則正しい食生活と運動そして睡眠の3要素であり
健康食品だけで健康になろうと考えるのは大間違いだ
と言う事を忘れないでね。

猫挨拶.png
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です