登坂淳一元NHKアナのフジテレビ登坂とセクハラ降版?

小室哲哉不倫に続く登坂アナのフジテレビ登坂とセクハラ降版?

「春から一緒に過ごしませんか?」
と縁起のいいセリフを言ってた登坂純一アナ(46)
フジテレビ就任発表わずか10日で…降版が決まった様ね。

2018年
私は“1(NHK)”から“8(フジテレビ)”に転身し
新しく挑戦しながら元気の出る放送を温かくお届けして行きます!

忙しい夕方の時間
春から一緒に過ごしてみませんか?
よろしくお願いします」
とNHKからフジテレビの顔になる意気込みを語っていたのが
登坂淳一アナウンサー 。

その舌の根も乾かぬ内に
25日夜に本人から降版すると言う連絡を受けて
フジテレビは急遽決定したのだそうね。

フジテレビは26日に
4月2日からスタートする夕暮れ帯のニュース番組
(月~金曜の午後4・50~7・00)のメーンキャスターとして
NHKから“フジの顔”となる
登坂淳一アナウンサーの
今月16日にフジの社屋前で撮影した写真と共に
キャスター就任を発表したばかりだったのね。

事業的には
全てが新規企画となる4月から
報道番組を一新し
新たな幕開けを企画していたフジテレビも
新規格に合わせて登坂アナを起用し
彼への期待も高く
NHKでの「実績に裏付けられた安心感のある進行」
と評価していただけに
突然の降板によるショックの影響は計り知れないでしょうね。

結納も済んで
結婚式も決定していたのに
突然許婚が一方的に破棄して来たのと同じ様なもんよね。

そりゃー慌てるわよね。

んでなんでそうなったのかと言うと

登坂純一アナ&秋元優里アナ 
フジ「プライムニュース」の“顔”を襲ったW文春砲

今年1月11日にNHKを退局した登坂純一アナは
25日発売の「週刊文春」で札幌放送局時代(2011年)の
セクハラ疑惑が報じられていた。

セクハラ1.PNG

 

同時に
2009年にBSフジでスタートし
安定した評価を得ていた「BSフジLIVEプライムニュース」
(月~金曜、後8・00~9・55)を地上波でも展開し
フジ、BSフジ合わせた「統一ブランド」として
強化を図ることを宣言したのだった。

 

夕暮れ帯のニュース番組の中でも
「報道のフラッグシップ」
と位置づける重要な枠。

お公家様の様な風貌に白髪
上品な語り口で“NHKの麿(まろ=皇族や貴人の代名詞)”
と言われた登坂淳一アナは
その“顔”となるはずだった。

“本家”「プライムニュース」で月~木曜担当の
秋元優里アナウンサー(34)は
10日発売の「週刊文春」で
同局プロデューサーとのW不倫疑惑が報じられ
当面の間
番組出演を見合わせる事態となっている。

浮気現場.png

 

今回の秋元アナの報道が影響を及ぼしたかは不明だが
登坂純一アナは26日
所属のホリプロを通じて
「今回の週刊誌報道を受けて
出演を辞退する事に致しました」と説明し
報道内容については「身に覚えの無い事も多く
困惑する様な内容で非常に残念」と主張している。


火のない所に煙は立たず
嫁さんとも離婚している事は
そう言っちゃなんだけど

矢張り手癖が悪いのとちゃう?

でも
”麿”なんて高貴な呼び名が付いた人が
何でセクハラに成っちゃうのかしらね。

一度でも
この様なスキャンダラスな暴露記事に巻き込まれると
それまで培ってきた信用はがた落ちして
その回復には長い年月が掛かってしまうのよね。

あなたも
”君子危うきに近寄らず”
不倫するなら
大火傷をする事を覚悟の上でしてね。

治った所で
醜い火傷の傷跡は
一生消えないわよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です