入浴で体を温めればストレス運動不足を解消出来るってホント

ストレス、運動不足が入浴で解消できるのはホント?
今朝は常温地の伊豆も
霰(あられ)っぽい小雨が降っていて
流石に冷えたわね。
こんな時には
温泉で体を温めるのが最高に快適なのよ。
でも
最近の青年男女は欧米人の様に
あまり入浴をしなくなった様ね。
シャワーが手軽で便利なせいかも。
合成入浴.jpg

[the_ad_placement id=”%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84″]

ショッピンの娘も
真冬の寒い季節でも
お風呂にはめったに入らず
入浴前にスチームで風呂場を温めて置いて
熱めのシャワーを取っている。
出た際にあれで寒くないのかと心配する位ね。
入浴しなくなった
だからストレス解消できない
と言われるが
それでもやはり日本人は世界一
風呂好きの人種だよね。
いまでも
近代化された清潔な銭湯が
大いに風呂好き人種に愛用されているし
外国人も銭湯の良さが分かって
結構利用者も増えている様だもんね。
特に夏は相当湿度が高く
その為ベトベト汗をかきやすいし
冬は逆に乾燥して冷え込みも厳しい。
身体の清潔感にしろ
身体を温めるにしろ
風呂は必須の物なのね。
ただ
入浴を身体を洗い
温まる場所としてのみ利用するのは
もったいないのよ。
上手く入浴すれば
運動不足
ストレス解消に大いに有効なのね。
毎日の生活を快適に送る為には
■バランスの摂れた食事
■適度の運動
■8時間の快眠
■正しい入浴
が肝心要(かんじんかなめ)なのよ。
入浴すると
医学的には三つの効能があると言われているのね。
体が温まる事で
  皮膚や血管を通して神経系器官に好影響を与える温熱作用。
水の圧力による身体各部が収縮する静水圧作用。
水中での重量は九分の一になると言われる浮力作用。
以上の三つの効能を上手く組み合わせての入浴法がおススメね。
先ずはぬるま湯(微温浴)に入る。
湯温度は36~40度に20~30分ゆっくりと入浴する。
ゆっくりと体を温める事で
■血管が開き
■血圧が下がり
■体がリラックスし
■ストレスによる精神疲労を緩和し
■結果として快眠を得る事が出来る。
この逆で
特に冬場に起きる悲劇がヒートショック死ね。
ヒートショックになりやすいのは、
特に高齢者や高血圧や糖尿病持ちは
気を付けなければいけないのよ。
 
暖房で暖かい居間から
シンシンと冷えている浴室に裸で入る
ここで脈拍が早くなって動悸がする。
そして寒いので急いで熱い風呂に入る。
脈拍は更に増加して
心筋梗塞(心臓麻痺、心臓発作でショック死に至る
年間で14000人もヒートショックでの死亡例がある様よ。
ヒートショック.jpg
なので
先ずは微温浴から始めて
身体が或る程度温まったら
湯温度を上げていく方法がおススメね。
そうする事で
前述したような静水圧作用で心拍数も徐々に多くなり
血液の循環が加速されて代謝を促すので
日頃の運動不足を或る程度はカバー出来るでしょ。
ただし
食事直後の入浴は避けるべきよね。
消化作用の為に血液が胃に集中しているので
入浴すると仕事中の血液が心臓に引き戻されて
消化活動に良くないからね。
せめて食事後1時間は経ってから
入る様にした方が好いでしょう。
ちなみに
ショッピンは熱海に住んでいるので
幸いに温泉に恵まれ
温泉も
熱湯と微温の二種類があり
必ず先ず微温湯に20分入り
その後熱湯に入るけど
5分で額に汗が出るのでおわり。
かくして
ストレスの溜まりは解消してるみたいね。
あなたのストレスをチェックできる
NAVERまとめから引用して見たので
一度ストレスの有無をチェックしてみたら如何?
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://matome.naver.jp/odai/2139470056773496801
合成猫.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です