二日酔いをしない人は酒に強いのではなく内蔵が悪いので要注意!?

お酒に強く、二日酔いにもならない人は内蔵疾患に注意!?

年末、新年と
飲酒の機会が一年間で一番多い
シーズンになったわね。

ショッピンのお酒好きは
是までにもブログで度々触れたけど
実は
20代から”自分は酒には強い”と言う自負があったのね。

何故なら
「お酒を相当飲んでも酔わないし
二日酔いにも先ず成らなかったのよ。

今だから白状するけど
飲屋で可成りの飲酒をした後も
警察の年末警戒の目をかいくぐって
飲酒運転でバックホームする等

悪行した事は何度もあったのね。

すなわち
飲んでも酩酊する様な状態にはならなくて
以外と意識はしっかりしてたの。

飲酒前の状態と変わった所と言えば
やや気が大きくなる位かしらね。

「二日酔いの症状が出ないので問題ない」
と自負していたけど
実はそれが思わぬ落とし穴に成っていたみたい。

合成御酒.jpg

 

最近になって分かった事だけど
「飲んでも酔わず、二日酔いの症状も出ない人は
お酒に強い訳ではなく
実は内蔵の機能が低下している場合が多いのね。

健康な人程
飲むと気分が悪くなり
お腹を壊したり
頻尿になる。

肝臓により
毒性の強いアセトアルデヒドを
尿と便で排出しようとする機能が働くのね

二日酔いの症状はむしろ
出て当たり前なのよ。

なので
二日酔いの症状を恐れて
長期にわたって中途半端に
飲酒するのが
一番やばいのね。

それやっちゃうと
内蔵の働きはアルコール毒に麻痺して
機能はどんどん鈍化し
最後には取り返しのつかない疾患に陥りかねないのね。

つまり
毎晩飲んでも二日酔いの症状が出ないのは
酒に強い訳ではなく
単に内蔵の働きが弱っているだけという事に
ショッピンは全く気が付かなかったのよ。

「お酒に強い!」なんて
変な自惚(うぬぼ)れをするほど
アホだったの。

そのため
当時から内臓の疾患にどれほど苦しめられたか・・・

 無難なお酒の飲み方とは?

「酒は飲め飲め飲むならば
日の本一のこの遣りを
飲みとるほどに飲むならば ・・・」

てな黒田節の勢いで徹底して飲んでもいいけど
毎晩の大酒はやはりNGで避けるべきよね。

ちゃんと1~2日空けて“休肝日”を作る事が
禍根を後に残さない為にも大事ね。

更には
飲んだ後は
スポーツドリンク
酔いがさめた後での入浴
ウコン
シジミのみそ汁など
二日酔い防止対策を取る事も忘れないで・・・

なお
飲酒後にすぐ顔が赤くなる人は
アセトアルデヒドを代謝する酵素が体内に無い為に
アルコールに弱い体質なので
飲酒の席ではノンアルコール飲料にした方が無難よ。

ところで
忘年会シーズンで飲酒の機会が増えるので
酔っ払わない様にと
事前に牛乳を飲むと人が居るけど
これって「牛乳は胃に粘膜を作り
酔いを制御してくれる」という説は
全く根拠がないそうね。

慶應義塾大学看護医療学部の典型的お酒好き教授が言われるのには
「アルコール分子は非常に微細で
水にも油にも溶け易い性質なので
体内のどこへでも簡単に浸透することができる。

たとえ牛乳で胃に膜を作っても
アルコールの分子は体内に吸収されてしまいます」


言う事で
牛乳は効果がなさそうだけど
空きっ腹で飲む前に
ある程度
胃に物を入れた方がいい事は好い様ね。

「飲酒前に食物を胃に入れておく事で
アルコールが胃から腸へ移動する
時間を長引かせる事が出来るのね。

おススメは、炭水化物。

アルコールが体内に入ると血糖値が下がるの。
通常は
低血糖になると筋肉や脂肪でブドウ糖が作られ
補ってくれるけど
お酒を飲むとそれが出来なくなるので
糖質であるご飯やパンを食べていれば
低血糖を防止出来るでしょ。

加えて
烏賊(イカ)や蛸(タコ)
お肉等に含まれるタウリンには
肝臓の機能を高める働きがあり
アルコールの体外排泄を早める効果もるので
おつまみには効果的よネ。

栄養ドリンクにタウリンも入っているので
飲み会前に一本グイって飲んでおくといいのかも。

◆炭酸水はむしろマイナス効果。
食べ過ぎ無い様にと
食前にコーラ等の炭酸水を飲んで
お腹を膨らませる人が居るけど
これはやめた方が無難ね。

炭酸は胃液の分泌を促進する効果があり
その為
消化機能が高まり
結果的に食事やお酒が促進されてしまうので
太りたくない、飲み過ぎたくない人は
逆効果になるので注意してね。

アバター2.PNG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です