未だ子供のいない夫婦の産後の性生活危機回避策必見!

妊娠前の夫婦生活必須良識 未だ子供のないカップル必見、

夫婦生活の危機は
妊娠前の夫婦の営みから既に始まている!?

今から危機回避対策を講じなければ
将来禍根を残す事になるかも・・・

長い夫婦生活の期間内には
度々夫婦仲に亀裂が入る時期があるのね。

■そのトップが「産後危機」

出産した後の夫と妻の性欲の差や
夫の子育ての参加度合いによって
夫婦関係がギクシャクする時期に成り易いのね。

それは主に
夫婦のセックスに関するもので

男性はEDの場合を除いて
せックスは自身の性欲を解消する
単純な行為と見做されているのに対して

女性の場合は
妊活行動
子孫繁栄
性行為による愛情の交換
自身の性欲の充足
等と
その行為が複雑多岐にわたっているのね。

特に産後の女性は

体調が優れず疲れてしまう
せックスはをしたくとも体力的に限界
夜中に乳児に度々泣いて起こされるので
時間があれば兎に角眠りたい
出産時に開いた部分が傷となって痛みが残っている

等の理由で
セックスを敬遠する気持ちが起き易いのね。

こんな妻の心身の状態を理解出来ずに
夫が欲望の赴(おもむ)くままに
セックスを強要する行為を続ければ
妻の夫に対する信頼が地に落ちて
夫婦仲に重大な亀裂を生じる事に成り兼ねないのよ。


■その次に来るのが「育児終了期」

子供の大学入学や就職等で
子供が親の手を離れた時期に、
再び夫婦二人の家庭環境に戻れるのか
それとも
熟年離婚への横道へと逸れてしまうのか
この時期も大きな分岐点なのね。

更には
思いもよらぬ
危機に成り易いのが「夫婦の寝室復活期」

今までの
夫婦と子供が一緒に雑魚寝した川の字就寝スタイルから
子供は子供部屋に
夫婦の寝室はふたりだけの部屋に戻るタイミング。

子供の時から子供部屋に一人で寝かせる習慣の
欧米と違い日本では
団地やアパートの様な手狭な住宅事情もあって
乳幼児から小さな子供との添い寝が普通でしょ。

例えば
四畳半の和室に川の字で寝るパターン
若しくは子供部屋に母親と子供、
父親は別室というパターンもよくあるケースよね。

母乳育児をしている
乳児の夜泣きしばしばある
父親が子育てにあまり積極的でない場合
面倒を避けて
この「父だけ別室」という
スタイルがも多いのね。

新生児の間は
夜中に赤ちゃんに授乳させたり
幼児期にはおねしょの始末をしたり
等で
添い寝をする母親は変だけど
そんな時期を過ぎれば
子供との添い寝は慣れっこになっちゃうのよね。

添い寝しながら
童話を読み聞かせをしたり
色々とおしゃべりしながら
子供を楽しく寝かしつける

そんな子供の寝顔を見ながら
幸せな気持ちになれる」

添い寝を楽しむ母親達の喜び声も多いの。

問題は
子供との添い寝が生む悪影響として
夫婦によってはセックスレスが
加速する可能性が高いのもこの時期ね。

「子供が邪魔でエッチできない」
事をストレスに感じる夫に対して
元々夫婦のセックスが
「楽しくない」
「面倒」
と考える妻は、
反対に
「セックスしにくい環境」を
作り出す傾向さえ見られるのね。

前述した様に

出産前に
夫婦でどのようなセックスをしてきたか
どの位セックスを楽しめていたかによって
このセックスし難い「添い寝環境」への見方が
大きく変わってしまうのね。

やがて
子供達の「添い寝卒業」で
「セックスしにくい環境」も終わりを告げ
セックスしにくい環境からセックスしやすい環境へと
様変わりする。

学童期になると
「今日からは一人で寝る」
「お姉ちゃんと二人で寝る」など、
子供達から「別寝宣言」が出て
夫婦にとっては「セックスレス環境」の終焉よね。

所が
それを「喜び」ではなく
「戸惑い」や「面倒」と言った気持ちで迎える妻も少なくないのね。

「夫と一緒だと、いびきでよく眠れない」
「やっと寝れるのに寝室に居る時まで
夫に気を使うのはいい加減疲れる」
「子供と一緒の方がお互い楽しいし、ラクチン」
「二人きりだと話題がない」
「エッチするのが楽しくないし面倒臭い」
等々
この時期の妻達からの夫婦生活の不満や悩みは
結構多いのよ。

「セックスしにくい環境」をむしろ楽しんでいた妻ほど
夫婦二人の寝室に戻る事への抵抗感が大きいのね。

これまでの
無きに等しい夫婦関係の希薄化が
妻が拒否する最大の原因なのね。

妻にとっては
セックスレスの方が
かえって楽しく、ラクチンで気兼ねなく良く寝れる・・・

そもそも出産前から夫婦のセックスが
楽しいものではなかった場合
添い寝という「セックスしにくい環境」は
むしろ歓迎すべき形であり
その終わりを意味する
「夫婦二人だけの寝室」の復活は
妻にとってはむしろ
有難迷惑もいいとこってなっちゃうよね。

以上で
夫婦間では
妻の出産までの夫婦の営みが
如何に
産後の夫婦生活に影響を及ぼすかが
ご理解頂けたでしょ。

”後悔先に立たず”
既に終わった過去の事を
後から悔やんでも取り返しがつかない事
に成らない様にね・・・

アバター2.PNG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です