スマホ使用中は口臭が強くなるので要注意!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スマホ使用中は口臭が強くなるので要注意!

20~30代の十人のうち
9人はスマホ癖のある昨今だが
意外と知られていないのが
スマホ使用中は口臭が強く成り易いとのこと。

理由は

口臭専門クリニック院長で歯学博士の中城基雄先生の解説によると

前かがみ姿勢等が原因で唾液不足になり
口臭発生菌の「嫌気性菌」が増殖する結果
口のニオイが臭くなるそうよ。

 

スマホを熟視している時のうつむいた体勢は
舌下腺、顎下腺という唾液を出す部分を圧迫してしまう

更に
常時スマホ画面を凝視している事で、
交感神経が優位になってしまい
また
誰とも会話しないので
顎を全く動かさず唾液腺が刺激されないのね。

 

そうすると
唾液が出難くなり
唾液不足の状態が続くと、
口臭発生菌の“嫌気性菌(=臭いを生成する細菌)”
を増殖させてしまうのよ。

 

そのため
スマホを見る状態を30分以上続けた場合
臭気が発生した口内環境になってしまうのね。

スマホのみならず
パソコン操作も
モニター画面はスマホより大きいとは言え

前かがみ姿勢で画面を熟視し続ける事
終始無言で顎を動かさない事
椅子に長く座り込んでいる事
等では同じなので
口臭発生原因になるのよね。

 

特に
事務系職は
仕事開始の朝から退社の夕刻まで
座りっぱなしの姿勢なので
お尻から下半身にかけて
圧迫され続けているでしょ。

血行が著しく悪くなる状態なのよね。

ショッピンも終日
一人寂しくパソコンを相手にしているので
目の酷使
口の衛生管理
及び長時間坐位でのエコノミー症候群による下半身の硬直は
特に気を配っているのね。

 

 

なので
目の前にアラームクロックを置いて
2時間毎にズズズーーーてアラームが鳴るのね。

そしたら
作業を中止して・・・

 

先ず第一に
■ドライアイ防止用目薬を点滴する。
今使っているのは参天製薬の「サンテPC」ね。

次に
ベランダへ出て
 目の運動をするのね。

まず時計周りと同じ方向で
眼球を目上の12時の位置に置き
次に右横の3時の位置に眼球を回し
三番目は真下の6時の位置に目を回し
四番目が左横の9時の位置に目を回し
最後に元の12時の位置に戻る。

今度は以上を
時計回りと反対の方向に回して行う。

これを3回づつ行う。

眼球を回転させる際には
顔は正面を向いたままで動かさない様にご注意。

 

次の第二に
■唾液の分泌促進とエコノミー症候群による
 下半身の硬直緩和運動を同時に行うの。

ベランダのフェンスを両手で掴んでするんだけれど
ベランダのない場合は、椅子の背宛を掴むなり
キッチンのカウンターの端を掴むなりするとよい。

 

両足を揃えて爪先を使いながら軽くジャンプを続ける。
顔は正面を見据えてジャンプしながら

上述の眼球を動かしたと同じ要領で
口から舌を上唇に突き出して引っ込める
次に舌を唇の右横に突き出して引っ込める
次に舌を下唇に突き出して引っ込める
次に舌を唇の左横に突き出して引っ込める
最後に元の位置の上唇に戻る。

次に反対に回しながら同じ様にベロを突き出していく。

ジャンプをしながら以上を3回継続して行う。

舌を突き出す事は顎を最大に使う訳でしょ。
顎が動く事で刺激が脳へ伝わり
脳を活性化するのよ。

これは
相対性理論の大発見者
アインシュタイン博士も実行してるのよ?

以上で
 口臭防止
、疲れ目の改善
 下半身の硬直改善の
 一石三鳥が出来るのね。

 いざ
 タメシテガッテン!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です