熟女の背中のたるみ引き締め方とは・・・

スポンサーリンク

熟女の背中のたるみ引き締め方とは・・・

 

他人の背中は見えても
自分の背中は見えないものよね。

鏡を使っても前は見えても後ろは見えないでしょ。

 

なので
脂肪による背中のたるみは気づき難いのよ。

 

或る時
得意先を接待したクラブのホステスと
意気投合して
店が終ってからホテルへ直行した事があったのね。

 

彼女、アラフォーの感じだったけど
こっちもそう若くはなかったし
成り行きで”エイ!やっちゃえ!”てんで
しけこんじゃったけど
事前にバスルームで彼女の裸身を後ろから見た時に
背中の贅肉に”エッ、何それ?”てなっちゃた。

 

 

背中のたるみは加齢と共にどんどんと酷(ひど)くなるのよね。

若い頃は背中に余分な肉は無かったのに
気が付くと背中にたっぷりの贅肉が・・・。

このいやらしい贅肉を落とす方法はあるの?

年と共に背中にたるみが出来るのは
背中の筋肉が加齢に伴い
衰えて行く事が原因の一つだけど
加齢が原因と言っても
全ての人が背中にたるみや
無駄な脂肪が付く訳ではないのよ。

日頃からスポーツや運動してる
バーベルで背筋を鍛えている
背筋を使う様な仕事としている
人達は歳を取ってもキレイな背中をしているのね。

人から見られて印象を結構左右するのが後姿で
自分では後姿見る事が出来ないだけに
気にする機会は少ないんだけれど
ぴっちりとしたTシャツの背中に
ブラジャーからはみ出してしまっている贅肉が
くっきりと映っている事が良く見受けられるのね。

綺麗にお洒落(しゃれ)をしていても
これでは台無しじゃん。

 

ショッピンは
若い頃には「バックシャン」って言われたものよ。

英語の back+ドイツ後 schön=綺麗から来たスラングで
後ろ姿の美しい女性なので
どんな美人だろうと追い越して
振り返ってみたら
げんなり・・・するぶすと言う意味よね。

半分褒めて半分けなしている。

 

いずれにしても
前姿は現代のメイク術で何とか誤魔化しても
後姿はそうはいかない。

脂肪が背中に着いてしまう為に、
丸まって余計に猫背になってしまい
見た目にも非常に老けて
みっともなく見えてしまうのね。

 

その反対で
若々しく見られる人は
背筋がピンとして姿勢がよく
背中にだぶついた余計な脂肪が無く
すっきりとしているのね。

スポンサーリンク

加えて
余分な脂肪が背中についてしまうと
腰痛や肩こりの原因にもなって
一度背中に着床した脂肪は
手や足の様にめったに動かす事が無いので
なかなか取る事が出来ない厄介物よね。

 

背中に脂肪を付けない為の最も効果的な方法は
日頃から背筋を伸ばして
(鶏冠=トサカが天から上に引っ張り上げられている様な感じの)
正しい姿勢で歩く様にすれば
脂肪は不思議とくっ付かないのよ。

 

では
自室で小まめな運動を取り入れて
背中の贅肉を減らす方法を紹介すわね。

 

その方法も色々有るけど
先ずは簡単で毎日少しずつ行う方が効果が有るの。

 

ショッピンがもう長い間毎日30分ほど
実践している背中の贅肉取りフィットネスは?

 

簡単フィットネス その一

■両腕を脇に付けた直立不動の姿勢から
両腕を後ろに出来るだけ真直ぐに伸す
(この時肩甲骨の周りが痛くなるが
腰を前に折らない様に
頭を後ろに反らせて出来るだけ我慢する)

 

息を吸いながら
後ろに伸びた両腕を
左右に大きく開きながら
頭の上にゆっくりとあげ
背筋をピンと伸ばしたまま
約10秒間この姿勢を維持する

次に息を吐きながら両腕を脇に降ろす。

少し慣れたら
500ccの水を入れたペットボトルを
使って行うと背筋への刺激が増幅されるので
効果は覿面(てきめん)よね。

これを12セット反復して行う。

贅肉は肩甲骨の周りに着き易いので
背中を意識して動かしていく。

 

簡単フィットネス その二

■タオルを伸ばして両手でタオルの端を持ち
息を吸いながら前から頭上を通過して
出来るだけ後ろへ両手を持っていく。

 

この際、両手の肘を折らない様に
両手はまっすぐに伸ばしたまま行う。

両手を止めた時点で呼吸も止める
次にその両手を90度左に回して
次に反対の右に回す
(この時肩甲骨の周りが痛くなるが
頭を後ろに反らせて出来るだけ我慢する)

息を吐きながら両腕を顔の前に戻して終了

これを12セット反復して行う。

 

簡単フィットネス その三

■掌を握り拳(こぶし)にして両手を前にまっすぐ伸ばす
この際、握り拳は手の甲が上にある。

息を吸いながら両手の拳を反転させ
両肘を折り後ろに引き寄せながら出来るだけ
両肘を背中の後ろに持って来る様にする。

この際、両手の拳は反転して手の甲が下になり
両拳が脇腹に付く様にする。

両手を止めた時点で呼吸も止める
次にその姿勢のまま上半身を90度左右に回す
(この時肩甲骨の周りが痛くなるが
頭を後ろに反らせて出来るだけ我慢する)

 

息を吐きながら両手を前に戻していく。

これを12セット反復して行う。

 

以上
激しい運動ではないけど
肩甲骨まわりの贅肉落としに
加えて
肩こりの改善にも効果的よ。

 

先ずは、「継続は力なり」

毎日、根気よく少しづつでも続けて行うと
効果覿面(てきめん=効果・結果・報いなどが即座に現れること)だよ。

 

いざ
タメシテガッテン!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です